■today@dpost Back Numbers

(なお、文中のリンクは既に切れている可能性があります。ご了承ください。)


[No.1364] あの「ミート・ザ・ワールド」、とうとう終了 他(update)


[tdl] アトラクション「ミート・ザ・ワールド」終了について
dprs!でも速報を入れましたが、東京ディズニーランドにて一部のファン(局長含む)からは熱烈に、そうでもない方からは憩いの場所として愛されてきたアトラクション「ミート・ザ・ワールド」の閉鎖が6/3、正式に発表されました。現時点ではWebには情報が載っていない模様。一応報道関係各社にリリースが届いているらしいのですが、先の「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」のリリースですら一般ニュースサイトに登場しなかったことを考えるとミートごとき失礼ミート・ザ・ワールドのクローズ情報はたぶん報道はされないでしょう。クローズは2002/6/30。
@According to オリエンタルランド社プレスリリース

[column] さて、このミート・ザ・ワールドの歴史について少々。このアトラクションは東京ディズニーランド開園時から存在した日本オリジナルのアトラクション。日本オリジナルのものといえばミッキーマウス・レビューやプーさんのハニーハント、シンデレラ城ミステリーツアーなどが挙げられますが、ミッキーマウス・レビューはもともとMagic Kingdomにあったものの移動であることを考えると、オープン時のオリジナルはここだけだったのかもしれません(うろ覚えなので皆様のツッコミ期待)。元々は松下のスポンサードで、当時他のアトラクションがA〜Eチケットの区分制であったのですが、このアトラクションだけはチケットがいらないと言う特別なものでした(後日、ビッグ10と呼ばれるチケットのセットには無料であることをアピールするチケットがついていたような気がしますが、もちろんこれがなくても体験できました)。アトラクション内部は無料とは思えないほどの作り込みで、座席が回転し4つのシアターが同期して動いているというもの。これはまさに現在Magic Kingdomにある「Disney's Carousel of Progress」と同じ仕組み(ミート・・は座席が内側、Carousel・・は座席が外側である点が異なりますが)。シアター内では多数のオーディオアニマトロニクスが導入され、頻繁に場面展開される様は圧倒です。正直私も初めて見たときは人がやっているものだと信じ込んでいました。

そして忘れてはならないのは音楽。テーマソングである「Meet the World」。これはディズニー音楽を語る上ではさけて通れないミュージックメーカー、リチャード・シャーマンとロバート・シャーマンの作品。このお二方に関してはこちらを見てください。この曲は個人的には「大人のためのイッツ・ア・スモールワールド」であると考えてます。特に座席回転のときに流れる4バージョンの歌詞は芸術的。CDが発売されていないことが悔やまれます。この曲はその後、スペシャルイベントでもアレンジして利用されておりました。

このミート・ザ・ワールドですが、元々はEPCOT、日本パビリオンのために開発されたアトラクションで、そのときからシャーマン兄弟が関わっていたそうです(No.1362参照)。しかしこの計画は流れてしまいます(この理由をご存じの方は是非タレコミを)。その後東京ディズニーランド計画が動き始めたときに再度検討され、東京ディズニーランドのオリジナルアトラクションとして日の目を見ました。オープンから数年の間はショー終了後の通路に未来の家庭の様子がやはりオーディオアニマトロニクスを使って表現されておりましたが、これが今考えるとまさにEPCOT的な内容であったことが思い出されます。

正直、このアトラクションはなかなか評価されないものではありましたが、その歴史を考えると非常に貴重、かつ重要なものだと考えております。このアトラクションの閉鎖について「休むのに最適だったのに」という意見をお持ちの方が大多数かと思いますが、ぜひ一度、このアトラクションについてもう一回評価してあげてください。そのままでは哀しすぎます。
@According to dpost.jp

[postmaster] このミート・ザ・ワールドの閉鎖関連の話は以前より噂レベルで飛び交いまくっていたのですが、今回は友人より届いた、FAXと思われるプレスリリースのJPEGファイルがネタもとになります(やっぱりアップしたらダメ?)。過去の噂は鼻であしらってましたし、上記新アトラクションおよび20周年イベント関連のニュースリリースにもこの件が全く触れられていなかったので、個人的にも今後1年内の閉鎖はない、と信じ切っていたところでした。おそらく同じリリースを出所とすると思われる、Yahoo株価掲示板の同様の書き込みを見ても「うわ、また踊らされてる」と思ってた(笑)。その直後にメールが届いて青ざめましたけど。まー以前のカウントダウンエリア指定制という壮大なネタに一回引っかかっている局長としては、このリリースが偽造されたものでないことを祈るのみ。少なくともオリエソタルラソドとかではなかったことは確認済み(苦笑)。局長、一応こんなサイトを用意しようと思っていたのになあ・・・(←永遠に工事中になりそうなので明日には削除します)
なお、そのオリエンタルランド社のリリースでは、現在のところ後継施設については未定となっておりました。最高なシナリオとしては本来通りEPCOTの日本パビリオンへの移設&カルーセル・オブ・プログレスの東京への輸入なのですが、絶対無理だろうなあ・・・。また一つ東京ディズニーランドに行く理由が減ってしまった。

update:
遊園地板屈指の良スレ「愛を胸に ミート・ザ・ワールド Part2 」によると、多数のミートファンが電話連絡にて上記のリリースが正式なものであることを確認した模様。このスレ私もちょこちょこ書いてはいたのですがこのたび初トリップ体験。「局長@dpost.jp ◆cIL6Hk6k」、覚えておかなきゃ・・・。

(Written by postmaster,2002/6/4,05:40)

[Backnumberトップへ] [dpost.jpトップへ]