■today@dpost Back Numbers

(なお、文中のリンクは既に切れている可能性があります。ご了承ください。)


[No.1342] postmaster@Orlando (&N.Y.)


[postmaster] さあて今回は長文になる予感。まずはゴールデンウィーク前半のニューヨークについて。dpost.jp的にはディズニーの話題にしないとまずいとは思いますがちょっとだけWTC。なんというか衝撃を通り越しました・・・。あれだけのビルが密集するニューヨークにおいて、明らかに不自然で空虚な空間が。アメリカが正義でそれ以外は悪ということではないんですけど、ものを作るのも壊すのも人間なんだよなあ、となんかやりきれない気分になりました。
気を取り直して本場ブロードウェイ版The Lion King。残念ながらムファサはサミュエル・E・ライトではなかったのですが、このお話はどちらかというとスカー重視なのでよしとする(ちなみにサミュエル・E・ライトはリトル・マーメイドのセバスチャンの声あててた人です)。で、一通り見ましたが逆に劇団四季の底力を知ることになりました。はっきり言って全く遜色ないですよ日本版(むしろオープニングは四季の方がうまいかも・・)。こんなレベルのミュージカルが日本で見られるなんてすごいことです。ぜひ、日本版も見てくださいませ。んでN.Y.の街を歩いていたら巨大なLilo&Stitchの看板が目立ってました。この辺はいつものように別サイト(注)で。

次。オーランドに戻ってまずウォーターパーク。3つあるウォーターパークですが先日お伝えしたようにリバーカントリーはクローズが決定しており、んじゃそこに行ってみようかとも思ってましたが未だにオープンしておらず・・・。ということで3年ぶりにブリザード・ビーチへ。そしたら隣に「Winter Summerland」というミニチュアゴルフ場ができているんですね。ここで1ラウンド回って(といってもパターゴルフですけど)ウォーターパーク、ってのもいいかもしれませんね。
でMGMなのですが、今日は初めて「Fantasmic! Dining Experience」というのを体験。これは割とちゃんとしたところのディナーを予約すると、Fantasmic!の席が優先されるというもの。パークに11時頃に着いたのですが、Fantasmic! Dining Experience自体は残っていたのですがディナーの予約が結構埋まっていたため3時半にディナーという状態に。で、食事をするとチケットをくれるので、ショー開始の30分前までに入場します。んでこの入場口というのが全然別のところで、パークエントランスの右側になります(通常はタワー・オブ・テラー前から)。ここから裏手を通り、ステージ向かって右側に通されます。このチケットにて入場すると真っ正面ではなく横から見ることになるのですね。それでもいい場所から埋まっていきますからぎりぎり30分前に行くとホントはじっこになりますのでご注意を。結果的には今日はあまり混雑してなかったので満席にはならなかったのですが・・・(4/20が異常だったみたい)。
あとおもしろかったのが、アトラクションの待ち時間を表示している黒板。これキャストがいろんな絵とかも書いてたりするんですが・・・まあこれについても写真(注)を。東京ディズニーシーもこのインフォメーションってあったと思いますけどこんな遊び心ってありましたっけ?


#update注:写真はすべてこちらに移動しました。
  http://homepage.mac.com/mtakeshi/orlando/
 上記ページの該当する日付をご覧くださいませ。ディズニーポスト時代の
 局長@Orlandoインデックスはこちら。最新はdpost.jp

(Written by postmaster,2002/5/5,12:49)

[Backnumberトップへ] [dpost.jpトップへ]