■today@dpost Back Numbers

(なお、文中のリンクは既に切れている可能性があります。ご了承ください。)


[No.268] 1998/07/17 インパーク日記(2/2)


■インパーク、夜編
 さて、7時に待ち合わせてまたインパークしました。もちろんお目当ては「スターライト・マジック」、セカンドシーズンとともに今日から開催される、新しい花火です。
 パークに着いたら信じられない光景が。すでにワールド・バザールのあたりまで人、人、人!!すでに人が座れるような場所はありませんでした。これにはさすがにたじろぎました。
 で、前情報で「シンデレラ城をライトアップ」すると聞いていたのでとりあえずは城が真正面に見えるところになんとか場所を確保し、スタートを待っていると・・・結構長いナレーションの後、パーク中のライトがすぅっと消え・・・。

・・・たぶんこの後起きた出来事を私の文章力で書いても「お城がライトアップされて花火がばーん」程度なのであまり詳しく書きません。書けません。まずいえることは、「花火よりもディズニーギャラリーなんて甘いことを言ってごめんなさい。」ですね(笑)。これは花火ではなく、ナイト・エンターテイメントでした。先の発言の、「JAROに電話しちゃおうかな」も、心配いりません。あのCMもあながち嘘ではありませんでした(!!)。キャッスルから花火が発射される度、ライトが変わる度にゲストがどよめくんです。脱帽しました。音楽とのシンクロ率も200%(笑)。余談ですが、ワイアードにディズニー記事の中で「今後、花火の玉の中にマイクロチップを埋め込み、100分の1秒単位でコントロールすることができる」という言葉があったのですが、もしかしたらそれを使ってるのでしょうか??

 しかし思うのは、この15年間、確かにアトラクションの数は増え、パークの色というのが変化したとはいえ、「ハード」はそんなに変わっていないと思うのです(特にキャッスルは変わってないはず)。ところが、ソフトの作りを変えるだけで、ここまで人を感動させることができるのか、と感動させていただきました。断言しましょう、これを見なくてTDLに来たとはいえません。かならず、キャッスルが真正面に見える場所で見ましょう。

 ああ、伝わりますでしょうか・・・。

(最後にどうも、ステージにキャラクターがでてきていた、らしいのですが、後述のようなことがあると、たぶんでてこなくなっちゃうよ。)

■新ショップ「ホームストア」
 パークに行く途中、白地に青のバッグを持っている人がやたら多いなあ、とおもったら、今日よりオープンした「ホームストア」オリジナルトートバッグでした。ということで、やたら大きなショップがワールドバザールにオープンです。
 品揃えは生活用品が主、という感じで、お皿やスリッパ、はやりのガーデニング用品などでいっぱいでした。
 あと、その隣のワッフルショップも繁盛してましたよ。ワールドバザールのアドベンチャーランド側、カリブの海賊に面した場所です。

(Written by Takeshi Miyata,1998/7/18,00:33)

[Backnumberトップへ] [dpost.jpトップへ]