[ディズニー・ポストへようこそ!]
    
    .

◆ウォルト・ディズニー・ワールドレポート

第2回「チェックイン」

〜すばらしいWDWリゾートのシステムと、お国柄と。


 実は2日目といっても、時差の関係でほとんど利用できないのが常なのですが、このツアーの予約を手助けしていただいた、元TDLキャストの友人(<ジャングルクルーズの船長なのだ)曰く、JALであれば4時くらいに現地入りできるので少しは遊べるからいいよ、と教えてもらっていたので非常に期待していました。はは。

 さて、空港について、フロリダの地を踏むと・・・あ、あつい!!誰だ20度くらいって言ったのは!空は曇りなのですが、熱気はすさまじいものがありました。が、これがバスや屋内にはいると死ぬほど寒い(笑)。まあこの理由は後でわかることになるのですが、この寒さが原因でこの後すさまじい頭痛に悩まされることとなります。ううう。

 で、バスがずんずん進むと、周りの看板がだんだんとWDWのものになっていき、期待が膨らみます。まあその中にはファンタズミックもあって泣けるんですけど(笑)。他にはトワイライトゾーン、とか、多かったのはなぜかリトル・マーメイドでしたね。やっぱり本国では人気が高いですね、この映画は。

 WDWのゲートをくぐり、しばらくして初めて見えたものは、なんとEPCOTのあのシンボル(スペースシップ・アース館)でした。この瞬間、鳥肌たちましたね。周りのカップル(グランド・フロリディアンというホテルはもともとハネムーン用で、バスの中は自分らを含めそれこそバカップルだらけ)は寝ていましたが、一人で興奮しておりました。

 その後無事グランド・フロリディアンに着くも、現地ガイドの長々とした説明で時間はほとんどなくなり、実際に解放されたのは6時過ぎ。確かに、そりゃディズニー・アニマルキングダムができて、日本にないアトラクションがいっぱいあったとして、わたしにとっちゃ坊主に説教(笑)。こっちのがよっぽど詳しいわ。(<ファンタズミックもしらんかったし(激怒))

で、この中の説明で一つ、なかなかすごいな、と思ったカードに関して、ちょっと説明しておきましょう。
まずホテルにチェックインすると、本人の利用可能なクレジットカードを登録します(VISA、Master、AMEX。残念ながらJCBは×)。登録すると程なく、「Your key to the world」とかかれた磁気カードをくれます。なんと、このカードで以下のことができます。
・ホテルのルームキー
・各テーマパークへの入園(当然ながら、アンリミテッドパス等をつけた場合のみ)
・各ショップでのキャッシュレス決済
・その他、もろもろの本人確認
これ、思った以上にすごいですね。これによりいっさいクレジットカードを持ち歩かなくてすみます。なお、最終的にはチェックアウト時に現金、T/C、クレジットカード決済のいずれかもしくは複数の方法で決済できます。ですので、無理にT/Cを作ることはここに限って言えばないですね。

さて、準備して向かったのはマジック・キングダム。フロリディアンからはモノレールで一本なので、とりあえずはエイリアン・エンカウンターでも乗ろうか、ということで向かいました。押さえようとしても期待は膨らみます。マジック・キングダムにつくと多くのゲストが帰途につこうとしているようで、ほとんどすべてのゲートが出口になっておりました。しかし、TDLもこちらも、家族連れのゲストの帰りは早いねー、とおもっていたら・・・

ほとんどすべてのゲートが出口、ではなく、「すべてのゲート」が出口?!
そう、入れないのです。

察するに、テーマパークが4つも入っているので、昼、夜向けがはっきり住み分けされているようなのです。実はオフシーズンのマジックキングダムは夜7時まで(早!)しかオープンしておらず、逆にイルミネーションズという花火+レーザーショーの行われているEPCOTは夜9時まで、さらに毎日がカウントダウンパーティのダウンタウン・ディズニーに至っては深夜まで営業していたりします。

ということで、落ち込みながらも人の波に乗り、EPCOTまで出かけてそのイルミネーションズを見にいくことにしました。当然ながら上のような関係なので、マジック・キングダムからEPCOTに流れるゲストが非常に多いです。実際にEPCOTについてから30分前には場所を確保しに行ったのですが、真剣に見たい場合はもう少し早く行った方がいいですね。

さて、そのイルミネーションズ、EPCOTのワールド・ショーケースという場所にあるラグーン(でかい)すべてを使ったレーザーショーで、その名の通り世界を花火とレーザーでつなげる、という意味を持ちます。正確にはIllumiNations、とNationという言葉が強調されているので注意。スタートすると花火が山のようにあがるのですが、圧巻はすべての建物がライトアップされていると言うこと。個人的な感想としては手法や見せ方はTDLなどに比べ一世代古いといわざるを得ないのですが、なんといっても規模が違う。アメリカのおじさん、おばさんの体格の規模も違えば、レギュラーサイズのコーラの規模も日本の倍くらいある。やっぱりこの国はちがうわ、と痛感した一日でした。そりゃ体格があんななら冷房もガンガンだわ。

 しかし、頭が痛い。ホテルについてすぐに倒れました。ははは・・・。

■今日のチップ&デール
・ワールド・ショーケース内の人形。なんと中国風で日本の一部のファンに熱狂的に指示されていたもの。すごく悩んだが、かわいくないので(笑)今回はパス。


3. 「ディズニー・アニマル・キングダム」へ


[このコーナーのインデックスへ]

[dpost.jpトップへ]

.

 

◆ディズニー・ポストのコンテンツは・・・

▼過去から学べ。[today@dpost&dprs! Backnumber]には、ディズニーの歴史が詰まっている。
▼局長によるコラム集[column@dpost]。読みもの系はまとめてココで。
▼[park's photo diary]では東京ディズニーランドの写真を海外に向け発信中!
▼ディズニー・ポストの掲示板の足跡、[bluesky meeting room Backnumber ]。FAQ的な質問はこちらを見よう。
▼ディズニー・ポストの過去の更新情報は[what's new at dpost]へ。
▼ところで局長って誰?そんなあなたに[postmaster's profile]。
▼初めておこしの方はこちらもご覧ください。

▼最新の情報はdpost.jpへ!dpost.jpは今日も更新中。