[ディズニー・ポストへようこそ!]
    
    .

◆ウォルト・ディズニー・ワールドレポート

第11回「エトセトラ」

〜いろんな意味で考えられたシステム


 さて、ここではパーク以外のWDWの見所などを紹介したいと思います。

■直営ホテルの特権
 今回泊まったホテルというのは、ディズニー直営の中でもハネムーン利用の多い「グランド・フロリディアン・リゾート&スパ」というところです。近くにウェディングパビリオンがあることで有名で、着いたときも式を終えたお二方がミッキー&ミニーといっしょに歩いてくるなど、ものすごく特別なホテルです。特にここ、フロリディアンは19世紀のフロリダの建築様式を再現したところなので、その外観やキャスト(そう、ここの従業員も「キャスト」なのだ)の服装も壮観。
 ディズニー直営ホテルにはいくつかの特権があり、ざっとまとめるとこんな感じです。

・テーマパーク並の凝った演出を楽しめる
・テーマパークやウォーターパークに共通して入園できる「アンリミテッド・パス」の購入が可能
・チェックイン・チェックアウト、ショッピングの支払い、ルームキーを兼ねた磁気カードを使える。精算はチェックアウト時、現金、T/C、クレジットカードを組み合わせて支払い可能
・おまけに、各パークで買ったお土産をホテルまで配送してもらえる(ただし、チェックアウトの前々日まで)
・MKは月木土、EPCOTは火金、MGMは日水にオープン1時間前から入園可能
・WDW内の交通網を無料で利用可能
・すべての駐車料金が無料

 ・・・と、さまざまな特典がついています。これらの特典を無視してまでも安いホテルに泊まることははっきり言って無駄。「絶対に」直営ホテルを選びましょう。
 で、よく安いプランで指定される「スワン」「ドルフィン」というホテルなのですが、この二つはそれぞれウェスティン、シェラトン系のホテル。ただディズニーから公認されているのでほぼ直営と考えてよいでしょう。ちなみに、一番高いホテル(=グランドフロリディアン)と一番リーズナブルなホテル(オールスターリゾート)から予約は埋まって行くそうです。実は私も1ヶ月前に予約を取ろうとしたのですが、どこを回ってもダメ。最終的に友人のつてで取ってもらったという経緯があります。ですので、ハネムーンで行く際には早めに動きましょう。

・・・ただ、私個人の意見ですが、直営であればどのホテルにも確固たる「テーマ」を持ってますので、どこもおすすめ。次はハワイアン風の「ポリネシアン」をねらおうかな、と思ってます。キャラクターブレックファストはチップンデールいるし(後述)。

■サービス満点、ディズニー・トランスポート
 さて、今までほとんどふれなかった移動手段に関してですが、直営ホテルに泊まっている限りまったく心配はいりません。
 WDWには3種類の移動手段があります。それを一つづつ紹介します。

・モノレール
 もっともお世話になった乗り物がこれ。WDW内に2路線あり、メインの方がフロリディアン→マジックキングダム→コンテンポラリー・リゾート→トランスポーテーション&チケットセンター(TTC)→ポリネシアン・リゾート→フロリディアンと回る路線(ただし、外回りはMKとTTCのみ停車)と、TTCとEPCOTをつなぐものがあります。ですので、その3つのホテルに泊まっている方はモノレールのみでMKとEPCOTに移動できるのです。そういう意味でその3つは非常に便利ですね。

・バス
 これまた非常にお世話になりました。すべての直営ホテルからほぼ確実にすべてのパークまで(一部の路線はTTCまで行って乗り換え)ほぼ30分間隔でバスが出ています。またこの運転手さんがよくしゃべる!ものすごく楽しいです。午後4時以降はほぼすべてのホテルと、ダウンタウン・ディズニーを往復する便が増えるので安心。もちろんダウンタウンディズニーが閉園する朝2時まで運行するので、夜遊びして終バスがない!ということも無いようです。

・船
 主に運行されているのはTTCからMKまで、セブンシーズラグーンを横断するもの。その他、MKからフロリディアン、ポリネシアンと回る小舟もあります。

■魔法の磁気カードシステムは、掛け値なしにすごい。
 さて、チェックイン時にも書きましたが、ルームキーとクレジットカード、その他諸々の機能を付けた磁気カード、これ、本当に便利です。お土産を買うにも、ファーストフードを食べるにも、これ一枚で買えます(本当にパークの道ばたのショップまでOK)。ですので、少なくともT/Cを作る必要はないですね。成田でチップ用の現金を少し両替するだけで全然大丈夫です。
 また、このカードを作ると(正確にはアンリミテッド・パスを買うと)フレックス・フィーチャーという特典がつきます。これは以下のうち、一つだけサービスを無料で受けられる特典です。

・キャラクター・ブレックファスト(要予約)
・英語のWDWガイドブック
・ゴルフプレイ
・ディズニー・クエストの入場とアトラクション
・オフィシャル・オールスターカフェの利用
・ディスカバリーツアー各種
・ミニゴルフの利用
・プラネット・ハリウッドもしくはESPNのTシャツ
・ミッキーとの記念写真

私たちはもちろん、キャラクターブレックファストにつかいました。場所はモノレールでとなり(だが、上記のようにぐるりと一周する必要がある)のポリネシアン・リゾートの中にあるレストラン・オハナ。前日までに電話で予約を入れると、すんなり入れます。こちらのキャラクター・ブレックファストは子供たちとキャラクターによるパレードまであったりして、非常に楽しいです。余談ですがこの日、MGMで買ったペンシル画をもっていったらチップンデールが予想通りめちゃくちゃ喜んでくれました。そして、グーフィは私たちのあまりのリス熱狂ぶりに相当すねてました。残念だが、グーフィ目当てなら他のレストラン行くぞ(笑)。ここに集まるのはリスファンのみ(嘘)。それぞれにサインまでしてもらって私は壊れっぱなし。本当は白いサインペンを用意して、マイマシンPowerbook2400にサインしてもらいたかったのだが、ペンを調達できず、あえなく断念。

■WDWのお土産システム、おそるべし。
 さて、今までのページでも散財していることがよくわかると思いますが、それを可能にしているのがこのシステム。上でもちょっとふれましたが、各リゾートホテルへのデリバリーサービスが無料で行われています。ものを買って、でりばーぷりーず、と一言添えてホテル名と客室番号、念のために自宅の電話番号住所を書けば翌日の昼には部屋に着いています。これと加えキャッシュレス決済があれば、そりゃ誰だって散財します(笑)。
 実は、滞在中一回だけトラブルで配送されないことがありました。まあこれはちょっとの英語力があれば電話して解決しますし、ホテルのフロントに一言言えば処理してくれます。フロリディアンにはたまたま日本人のキャストの方がいていろいろとしてもらいました。うーん、このシステムは怖すぎるぞ(笑)。

---

 ということで、いままでふれてなかったことをまとめてみました。参考になれば。


12. 「チェックアウト&Tips for Today!」へ


[このコーナーのインデックスへ]

[dpost.jpトップへ]

.

 

◆ディズニー・ポストのコンテンツは・・・

▼過去から学べ。[today@dpost&dprs! Backnumber]には、ディズニーの歴史が詰まっている。
▼局長によるコラム集[column@dpost]。読みもの系はまとめてココで。
▼[park's photo diary]では東京ディズニーランドの写真を海外に向け発信中!
▼ディズニー・ポストの掲示板の足跡、[bluesky meeting room Backnumber ]。FAQ的な質問はこちらを見よう。
▼ディズニー・ポストの過去の更新情報は[what's new at dpost]へ。
▼ところで局長って誰?そんなあなたに[postmaster's profile]。
▼初めておこしの方はこちらもご覧ください。

▼最新の情報はdpost.jpへ!dpost.jpは今日も更新中。