[ディズニー・ポストへようこそ!]
   
    .

◆東京ディズニーランドのマナーを考える

[Save the TDL]
(アイコン作成 byでんでんさん)
ディズニー・ポストはDEN DEN worldが提唱する、
Save the TDLに賛同します!
賛同するWebマスターさんはぜひでんでんさんにメールを!
DEN DEN world
Dona's Homepage
Disney Talk

[GOOD MANNAR CLUB by DISNIST HOUSE]

ちひろさんのDISNIST HOUSEに「GOOD MANNAR CLUB」が
登場しました!ぜひ一度、目を通してみて下さい!

 最近東京ディズニーランドに行くと、必ず一度は目を覆いたくなる光景に出会います。そこで、私なりに東京ディズニーランドでのマナー(もちろん、そのほとんどが常識的)を再認識したいと思います。中にはほとんど周知されていないものもありますので、できればインパークする前に一読して下さい。

◆夢と魔法の王国に入る前に

 ウォルトは、当時の遊園地があまりに汚いことから、きれいな遊園地を作ろうとしました。それが後のディズニーランドなのです。パークをきれいにするため、開園前にすべての花をチェックし、枯れていればすぐに交換したり、園内は多くのカストーディアル(掃除をする人)がまわりゴミをはいています。

 ここは、夢と魔法の王国なのです。皆現世を忘れるためにここに来ているのです。この大原則を忘れないで下さい。

◆あなたの行動が、東京ディズニーランドからすばらしいシーンを消してしまうかもしれない。(added 1997/07/25)

 東京ディズニーランドで、過去にこんな事件がありました。時は1995年、「ミッキー・マニア」というすばらしいスペシャルイベントがありました。パレードすべてがミッキーづくしで、音楽も本当に最高・・おっと、マナーのことだったっけ(笑)。

 このパレードはとにかく派手で、ショー最後のクライマックスではポンポンボールと呼ばれていた、チアガールが持っているようなものが一斉にはじけるという、すばらしいシーンが見ることができました。ところが、一部の心ないゲストがこのポンポンボールに群がり、あろう事か他のゲストに怪我を負わせてしまう事件が起こりました。

 それ以来、そのすばらしいシーンは見ることができなくなってしまいました。

 なぜ今頃このようなことを書いたかというと、まさに今行われている「ヘラクレス・ザ・ヒーロー」(1997/07/19〜1997/10/24)でもこのような仕掛けになっており、またこの事件が繰り返されるかもしれないという情報が入ったからです。

 そんな小道具集めたって、意味ないでしょ????特に常連の方!

◆「自分だけ」、「自分の子供だけ」の人は来ないでほしい!

 さて、最近のパークでもっとも目に余るのはこのタイプ。特にショーなどで子供だけを前に無理矢理行かせたり、後ろの人を考えず液晶ビューカムを高くあげる。果ては肩車で自分の子供だけショーを見せる。ひどい例では柵に子供を立たせる等、とにかくひどい。こういう事象のほとんどが、親が子供に「前に行きなさい」と指示していることが多いのが悲しいです。こういう親の行動をみて子供が育つのですよ。

 パークでは常識を守って下さい。できれば、ここでは自分だけではなく回りの人たちも楽しい気分でいられるようにちょっと心配りをしてみて下さい。

◆最低!子供をダシにする親!

 更に目に余るのが、キャラクター・グリーティングにて子供を使いキャラクターを呼び込む親。本来キャラクター・グリーティングとはキャラクター達が順番に回り、すべてのテーブルに同じだけグリーティングするようになっています。これはウォルトの理念で「すべてのゲストは同じ思い出を作ってほしい」ということから来ているはずです(余談ですが、ジャングルクルーズでアドリブが許されないのも、入り口がひとつしかないのもこれによる)。それを、遠くにいるキャラクタを_子供を使い_呼び込む親が増えているのが悲しいです。キャラクターだって子供に呼ばれれば行かざるを得ないため、回る順番が大きく崩れスケジュールに困る姿を多く見かけます。

◆無駄に場所をとるのは厳禁

 最近になってパレードルートやショーでレジャーシートを広げる人が目に付きます。で、シートを引いたら荷物をおいてそのままどこかに行ってしまうというのも多く見受けられます。実はこれはすべて禁止されている行為なのです。このように誰もいないレジャーシートはキャストが警告文を貼ったのち、それでも改善されないようなら一人分のスペースにまで折り畳まれます。得てしてこういう無人シートはショーの直前、あるいはショー開始後に現れ、周りの人に多大な迷惑をかけます。ひどい例ではシートをはがされぬよう、ガムテープで貼る家族まで出るとか。

 まあ、この件に関しては明らかに東京ディズニーランドの広報不足という要因もありますので、一概にゲストを責められないのですが。

◆タバコもほどほどにしましょう

 実は東京ディズニーランドは指定の喫煙場所をのぞき園内全面禁煙なのです。が、これまたあまり知られていません。明らかに広報不足です。しかもそれまでは「パーク全体が灰皿だとお考えください(カストーディアルがすぐ掃除しますから)」を売りにしていた面もありますので、しかたがないといえばしかたがないのですが、規則は規則。なるべく喫煙場所で吸うようにしましょう。でも、喫煙場所ってどこだ?(<わかりにくいんだこれが・・・ガイドマップをよーく見てくださいね)

◆混んでいてこそ、ディズニーランドなのです。

 いつもいつも込んでいる東京ディズニーランド。今では90%以上の人がリピーター(2回以上来園している人)といわれていますが、初めてくる人にとってはこの混み具合は驚異的なようです(特に遠方からのゲスト)。そのため、キャストに対し「こんなに高い金払って来ているのに、アトラクション1つしか乗れなかった。お金を返してほしい」と言う客まで出ているとか。明らかに勘違いをしていますね。

 東京ディズニーランドの大人のパスポート5100円の内、私の感覚では5000円で「雰囲気を味わ」い、100円でアトラクションに乗っているという内訳になります(大げさですが)。ここが遊園地ではなく、「テーマパーク」と呼ばれるゆえんです。

 よく「ディズニーランドは混んでいるからいやよね。」といわれます。でも想像してみてください。だーれもいないパークなんて、つまんないものですよ。ゲストとキャストがいてこそディズニーランド。元をとろうだなんて考えず、ゆったりと休んでみてはいかがですか?

 元を取れるまで乗り物に乗りたい、という方はぜひ他の場所に行きましょう。少なくとも東京ディズニーランドよりは混んでいないはずですから。


 以上、かなりまとまりのない文章ですが、いいたいことは来ているゲスト・キャストの全員が「楽しい」と思える場所になるよう、一人一人が心掛けてインパークしてみては?ということだけです。

 さあ、あなたも今週、行ってみませんか? 

[東京ディズニーランドのマナーを考える その2へ]


[このコーナーのインデックスへ]

[dpost.jpトップへ]

.

 

◆ディズニー・ポストのコンテンツは・・・

▼過去から学べ。[today@dpost&dprs! Backnumber]には、ディズニーの歴史が詰まっている。
▼局長によるコラム集[column@dpost]。読みもの系はまとめてココで。
▼[park's photo diary]では東京ディズニーランドの写真を海外に向け発信中!
▼ディズニー・ポストの掲示板の足跡、[bluesky meeting room Backnumber ]。FAQ的な質問はこちらを見よう。
▼ディズニー・ポストの過去の更新情報は[what's new at dpost]へ。
▼ところで局長って誰?そんなあなたに[postmaster's profile]。
▼初めておこしの方はこちらもご覧ください。

▼最新の情報はdpost.jpへ!dpost.jpは今日も更新中。