[ディズニー・ポストへようこそ!]
    
    .

◆ポートオーリンズの雨に打たれながら

第3回「焦らない焦らない」

〜ゆっくり、まったり。

 いやー、さすがに前日があんな感じだと2日目に朝からハッスルは不可能です。ということでちょっとゆっくりめに起き、まずは予約系。ここで予約するべきものは、ぜひ行きたかった「ケネディスペースセンター」、DisneyClubで知った「ディズニー・アニマル・キングダム バックステージ・サファリツアー」、そして現地で知った「ディズニー・MGMスタジオ インサイド・アニメーションツアー」の3つ。インサイド・アニメーションツアーはアンリミテッドパスのフレックスフィーチャー(あ、前回説明したことに関してはいちいち解説入れないので前回の旅行記を読んで欲しい)に新しく含まれたツアー参加権を利用するので無料(のはずだったのだが・・・詳細後日)。この辺は留学経験した同行人に一任。

■今回の初パークは「ダウンタウン・ディズニー」
 で、それが終わったタイミングでまずはお買い物にダウンタウン・ディズニーへとお出かけ。バスで行ってもよかったんだけどせっかくここに泊まったのだから、ということで裏手の船着き場から船でダウンタウン・ディズニーへ。行く途中にディズニー・インスティテュートやオールド・キーウェストを見ながら約20分間の船旅。なかなかよい。フルトンでシーフードを食べつつ、今日はこれからウォーターパークに行こうかと検討したけど、実は天気がとても悪く、寒いのである。よって・・・取りあえず一通り買い物をしてMGMに行くことに決定。


船着き場。暗くて見づらいが。


船旅の途中でミニゴルフコースも通る。手前は現地で知り合ったジェニファーちゃん(嘘)


湖から見たダウンタウン・ディズニー。そしてこの雲行きに注目。

まー前回この場所の概要は書いたんで今回の目玉を写真でつづっていきましょう。


こ、これは・・・前回気づかなかった強烈にでかいポカホンタス&ジョン・スミス。全米震撼。


夢に出てきそうな笑みを浮かべる人形。


こんなのが彼女の部屋に転がっていたら百年の恋も冷めそうなカバン。

 

■夜といえば・・・これしかないでしょう。
 ということでウォーターパークをあきらめ、次に向かったのはMGMスタジオ。そう、ファンタズミック!目当てです。で着いたとたんに晴れてきやがった。ちっ。一応8時30分からスタートで、2時間前に開場だったのでちょっと時間が・・・ってことでいろいろまわってみました。


今のMGMはこれ!

■体験前に引いた初めてのアトラクション「Rock'n'Roller Coaster starring AEROSMITH」
 ハリウッド・ブルバードをいつものように悲鳴と笑い声をBGMにして歩いていくと、左手に新しくG Force Records(苦笑)が。これが新しいアトラクション、ロックンローラーコースターです。あのアルマゲドンというすさまじく長いプロモーションビデオで有名なエアロスミスが登場します。スタジオにはいるとエアロのメンバーがレコーディング中。そしたらマネージャが「なにやってんの!ライブまで時間ないわよ」と追い出されるが、見学している人(=私ら)もライブに招待したいといいだします。渋々マネージャが「えと、いっぱい人がのるリムジン寄せてくれる?人数?えーっと・・・ま、スーパーストレッチなリムジンを頼むわ」と(笑)。んで、外に出るとリムジン型したジェットコースターが。人が乗っていてすでに止まっているのですが、青信号とともにいきなりすさまじいスピードで出発していきました・・・ここで私ら、思いっきり引きました(笑)。


晴れてきやがってちとムカ入ってます。

 乗ってみるとこれがもうゴッキゲンなコースター。Walk This Wayのあのギター聞きながらのハイスピード体験はまさにライブに行った感覚!ホントにかっこいいです。エアロのファンもそうでない人も絶対体験せよ。

■衝撃的な出会い「Bear in the Big Blue House Live On Stage」
 んでMGMに来たらやはり「The Magic of Disney Animation」を見なければ、と思ったのですがその途中でなにやらショーが。元々同居人から留学中に「Disney Channelで朝、クマのぬいぐるみが歌う番組があって、友人がハマッている」という情報を聞いていたし、確かなんかのDVDにもちょろっと入っていてなんだろありゃ、と思っていたその番組のライブショーが開催中。その名も「Bear in the Big Blue House Live On Stage」。由緒正しきジム・ヘンソンスタジオ製の番組をもとにしたもの。あと5分で始まるというので興味半分で入ってみたのが全ての始まりでした。


Bear様の雄志。子供大喜び。

登場するのは青い家の主、Bear。そうです名前がクマなのです。これはBeastと同じくらい衝撃。で、彼と仲間の歌有りダンス有りの20分くらいのショー。ちなみにBear、Cha-Cha-Cha好きでこれを踊る人形も売ってます。まー何というか、動きがすごいです。ものすごく表情が豊かなんですよ。これ、ぜひ動画で見てください。旧来のライブキャラクターが霞んで見えます。
このお話ですが、日本で言うとNHK教育の「おかあさんといっしょ」に非常に近いかなー、と思います。日本にディズニーチャンネルが進出しないかなあ、と思ってましたが、NHKという強大なライバルがいるから無理なのかなあ、と思いました。そうなると、日本において一番テーマパーク業界に進出してほしくないのはNHK教育なのかなあ。できれば渋谷でとどまっていてほしいけど(笑)


デカいぬいぐるみ。2時間後には無くなっていた・・・


ベアづくし。


もう辛抱たまらん。


もうこのロゴがイカス。

ということで、このショーが終わった時点でぬいぐるみとTシャツ(←子供向けサイズ)、そしてサントラCDをお買いあげ。ぜひ、ぜひ日本でも展開してくれ!

■帰ってきたぞ「The Magic of Disney Animation」


マニア垂涎のアトラクション。

 その衝撃の後にやっとこちらへ。ロビン・ウィリアムズによるプレショーを見た後、アニメータとのふれあい。今回はいろんな意味で話題にされもうおなかいっぱい感あふれる「アトランティス」のMiloを書いてくれました。実は後日もう一度ここに来ることになるんですが、アニメータにより書き方が微妙に違うんですね。この日に書いてくれた方はめがねから書き始めて、その後来た時は最後にめがねを書いてました。でもできあがりは全く同じだから、すごい。で、ここでゲストに対しちょっとした質問が投げかけられたんですがその内容はツアーのレポートの中で。壁には次回作「Lilo and Stich」や「Monsters Inc.」の絵も張ってありました。ちょっと感動。

■やっぱり本場は違う「Fantasmic!」
 今回初めてファインダーを通さないファンタズミックを体験しました。もうみんな待ち望んでいたショーだったようで待ち時間中にウェーブは起きるわ叫ぶモノはいるわ大変な状況。それもキャストが煽った結果ではなくゲスト(の目立ちたがり屋)が先導して盛り上げてるんですね。スゴイ。

 で、感想ですが。前回と同じく「文字で表現する自信なし」です。


今回は結構前に陣取りました。



すさまじい勢いで人が集まってきます。

 ・・・ということで、こんな感じでまったりと過ごしました。明日は、一転してケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターです。


第4回「番外編・ケネディスペースセンター」へ



(Written by postmaster, 2001/05/09)

[このコーナーのインデックスへ]

[dpost.jpトップへ]

.

 

◆ディズニー・ポストのコンテンツは・・・

▼過去から学べ。[today@dpost&dprs! Backnumber]には、ディズニーの歴史が詰まっている。
▼局長によるコラム集[column@dpost]。読みもの系はまとめてココで。
▼[park's photo diary]では東京ディズニーランドの写真を海外に向け発信中!
▼ディズニー・ポストの掲示板の足跡、[bluesky meeting room Backnumber ]。FAQ的な質問はこちらを見よう。
▼ディズニー・ポストの過去の更新情報は[what's new at dpost]へ。
▼ところで局長って誰?そんなあなたに[postmaster's profile]。
▼初めておこしの方はこちらもご覧ください。

▼最新の情報はdpost.jpへ!dpost.jpは今日も更新中。