[ディズニー・ポストへようこそ!]
    
    .

◆一度見てしまった人のためのディズニー映画紹介

第五回「ライオン・キング」

〜疑惑のNo.1長編映画

あらすじ

 プライド・ランドの王ムファサの子として生まれたライオン、シンバは将来王となることを確約されていた。しかしそれを面白くないと思うスカーは、二人に罠をはりシンバを追放、ムファサを死に追いやる。辺境の地でイボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンに「ハクナ・マタタ」の精神を教わり成長するシンバ、しかしそのころ、王として君臨したスカーのプライド・ランドに危機が訪れていた・・・

postmaster's EYE.

 まずはじめに断っておきますが、私は手塚治虫氏の「ジャングル大帝」は見ていません。ですので、この作品が盗作なのかどうかについてはいっさいふれませんのであしからず(しかし公開後、ディズニーのスタッフが「日本の漫画にインスパイアされた」と述べていたので、無関係ではないのでしょう。)。

 ディズニー長編映画としては(疑惑ながら)初の「オリジナル作品」として公開され、ビデオセールスは長編映画中第一位、アメリカでは相当な人気の「ライオン・キング」ですが、私の中ではかなり評価は低いです。しかも、盗作問題はまたべつにして。

■ディズニー音楽のないディズニー映画

 この作品も公開前に先行して発売されていた輸入版サントラを聞いていたのですが、???な気分でした。それまでの、ルネッサンスをもたらしたアシュマン/メンケンミュージックはすべてディズニーらしい音楽であったのに対し、 なんともエルトン・ジョンのアルバムみたいなのです。しかも映画を見た後にショックを受けたのは、サントラの中に映画では全く歌われない、エルトン・ジョンの曲が数曲あったのです。これでは本当に誰のためのサントラなのかわかりません。

■あいまいなキャラクターたち

 見終わった後にシンバのキャラクターを考えると、なんとも「薄い」とおもいませんか?そして、恐らく印象に残っているのはあの二人でしょう。

 完全にキャラクターがターゲットをうしなってます。

 近年の(この映画以降)ディズニー映画は、わき役で目立つ、言い換えればキャラクター商品化して商売ができそうなものを必ず入れてしまって、映画を台なしにしているケースが多くなっているように思えます(その結果がノートルダムの鐘において無駄なシーンを生んでいる事を考えると由々しき問題ですね)。たとえば、「美女と野獣」においても上記のようなキャラクターが確かにいましたが、あくまで彼らはわき役に徹していて、最後にはベル、野獣が中心となっていることは明らかです(当然それがヒットの元になっている)。ところが、これはティモン&プンバァがはしゃぎすぎ、結果として映画を台なしにしています。それはこの映画の後、彼らのみの短編TVシリーズが出ていることでも明らか。

■それでは、なぜ売れたのだろうか??

 うむむ、ホントに謎ですね。ここからは私なりの推測です。

 まず、話はリトル・マーメイドからさかのぼります。これはおそらくアメリカ映画の事情通たちが「今度のディズニーはけっこういいらしい」とうわさを聞いたとします。でも彼らはみません。単なるうわさとしてとりあえず心に留めておきます(<リトル・マーメイドは興行的に失敗、となります。)
 で、次の年、美女と野獣はその前の年のうわさを聞いた人間が「ディズニーは今年もすごいものを出した!」とマスコミをひっくるめてうわさになり、見に行ってみるとほんとにすごい、と。(<美女と野獣は大成功!)
 さらに次の年、アラジンは口コミなんぞしなくても「昨年があれなら今年も絶対大丈夫」と当然のごとく人は入りますし、それを裏切らない(ま、ラブストーリーではないということである意味裏切ったけど)内容なので当然大ヒットとなります(アラジンも大成功!!)
 そうなると、その次に期待してしまうのは当然のこと。その次とは「ライオン・キング」なのです。結局、ディズニーの映画に人が入るかどうかは前の年の出来不出来で決まってしまうのです。

 と、私は思うのであります。(それを裏付けるかのように翌年の「ポカホンタス」は大失敗におわる。)

 私に言わせれば、リトル・マーメイド以来続いていた佳作の「輪」を途切らせてしまった罪は相当重いです。それはいまでも続いているのですから・・・

 ということでこの作品は

★☆☆☆☆

で最低評価。がんばれ、ディズニー映画!!

◆Movie Data

作品名(原題)

Lion King

監督

ロジャー・アレーズ
ロブ・ミンコフ

音楽

作詞:ティム・ライス
作曲:エルトン・ジョン
スコア:ハンス・ジマー

公開日

1994年6月

ビデオ/LD発売状況

発売終了(1997/10月現在、探せばあるかもしれないという状態)

[このコーナーのインデックスへ]

[dpost.jpトップへ]

.

 

◆ディズニー・ポストのコンテンツは・・・

▼過去から学べ。[today@dpost&dprs! Backnumber]には、ディズニーの歴史が詰まっている。
▼局長によるコラム集[column@dpost]。読みもの系はまとめてココで。
▼[park's photo diary]では東京ディズニーランドの写真を海外に向け発信中!
▼ディズニー・ポストの掲示板の足跡、[bluesky meeting room Backnumber ]。FAQ的な質問はこちらを見よう。
▼ディズニー・ポストの過去の更新情報は[what's new at dpost]へ。
▼ところで局長って誰?そんなあなたに[postmaster's profile]。
▼初めておこしの方はこちらもご覧ください。

▼最新の情報はdpost.jpへ!dpost.jpは今日も更新中。