[ディズニー・ポストへようこそ!]
    
    .

■第2回「ウォルト・ディズニーとアトラクション」

よしひろ君「先生、今日はとうとうディズニーランドの話題ですよね。」

るいちゃん「ものすごく楽しみ!」

よしひろ君「じゃあさっそくですけど、いちばん効率のよいアトラクションの周り方ってあるんですか?」

先生   「ちょっと待った。今回はディズニーランドをテーマにするけど、視点を変えて話をしたいと思うんだ。この講義のテーマでもある、『ウォルト・ディズニー』との関連から見てみよう」

よしひろ君「本当に面白いんですか?」

先生   「たまには、そういう趣向の話もいいんじゃないかな?」

るいちゃん「聞いてみましょうよ!どこからはじめるんですか?」

先生   「まずはアトラクションの話からしてみよう。ディズニーのテーマパークではロボットを使ったアトラクションがいっぱいあるね。このロボットはオーディオアニマトロニクスと呼ばれている。初めてこのオーディオアニマトロニクスが使われたアトラクションが、東京にもある『魅惑のチキルーム』なんだ」

よしひろ君「えっ、あのつまらないアトラクション?」

先生   「まあ、確かに内容的には古くさいのでそう思うかもしれないね。でも、あのアトラクションはそういう意味では非常に意義深いんだ。」

るいちゃん「他にもウォルトと関係の深いアトラクションってあるんですか?」

先生   「実はこのようなアトラクションはいっぱいあるんだ。その礎となった出来事が1964年に行われたニューヨーク世界博なんだ」

るいちゃん「えっ?万博ですか?」

先生   「そうなんだ。ディズニーは4つの会社から委託されて、パビリオンを造ったんだ。たとえば、そこでデビューしたアトラクションこそ、『イッツ・ア・スモールワールド』なんだ」

よしひろ君「ディズニーランドの代表的なアトラクションですね。」

先生   「他にも、ニュー・フューチュラマ、カルーセル・オブ・プログレス、マジック・スカイウェイが展示されたんだ。カルーセル・オブ・プログレスは今フロリダのマジック・キングダムで見られるし、マジック・スカイウェイの一部は今も東京のアトラクションとなっている」

よしひろ君「えっ?そんなアトラクションありましたっけ?」

先生   「実はあるんだ。このアトラクションはフォードの車の形をしたライドに乗って、太古の世界から宇宙時代までを旅するパビリオンだったんだ。その一部、といえばわかるかな・・・?」

よしひろ君「ウエスタン・リバー鉄道!?」

先生   「そう、その通り。これでなぜ突然タイムスリップしたかわかったろう?」

よしひろ君「そんなストーリーがあったんですね。」

るいちゃん「でも、なんか聞いていると、普通の人は気がつかないんじゃないですか?」

先生   「そう。あえてディズニーランドではウォルトの影を見せないよう、していることは以前にも話したよね?でも、最近はウォルトの姿を東京ディズニーランドでも見ることが出来るようになったんだ」

るいちゃん「え、どこにあるんですか?」

先生   「エントランスからワールドバザールをまっすぐ行くと、突き当たりに『パートナーズ』という名前のブロンズ像が、15周年の記念としてアメリカのディズニー本社か送られたんだ。この像はウォルト・ディズニーがミッキーの手を取り、遠くを見ているというものなんだ。ウォルトのファンにはこたえられないようなスポットになったね。」

よしひろ君「へえ!今度行くときは必ず見てみます!」

るいちゃん「他にはないんですか?」

先生   「実は、こっそりとウォルトの名前が東京ディズニーランドでも書かれている場所があるんだ。」

よしひろ君「え?どこに?」

先生   「エントランスから、ワールドバザールの入り口に入ったら、すぐに後ろを向いて2階を見てごらん。そこには、素晴らしい言葉と一緒にWalter E. Disneyという名前がかいてあるよ。他にも、ワールドバザールにはいろいろな名前のお店、時には笑っちゃうようなお店もあるから、たまにはゆっくりと観察してみるのもいいと思うよ」

るいちゃん「はい!」

(Written by postmaster, December 13th,1998)


参考文献

  • 岩波新書「ディズニーランドという聖地」能登路雅子著


脚注)

注1 東京にもある『魅惑のチキルーム』・・・
アメリカのパークではすでにUnder new managementとして、内容が一新されとても面白いショーとなっている。

注2 そこには、素晴らしい言葉と・・・
"If it can be imagined,it can be created."なんて素晴らしい言葉!

注3 時には笑っちゃうようなお店も・・・
たとえば、フェンス兄弟の法律事務所。D. FenceとO.Fenceの兄弟、そう、ディフェンス&オフェンス!場所は探してみてね。

[このコーナーのインデックスへ]

[dpost.jpトップへ]

.

 

◆ディズニー・ポストのコンテンツは・・・

▼過去から学べ。[today@dpost&dprs! Backnumber]には、ディズニーの歴史が詰まっている。
▼局長によるコラム集[column@dpost]。読みもの系はまとめてココで。
▼[park's photo diary]では東京ディズニーランドの写真を海外に向け発信中!
▼ディズニー・ポストの掲示板の足跡、[bluesky meeting room Backnumber ]。FAQ的な質問はこちらを見よう。
▼ディズニー・ポストの過去の更新情報は[what's new at dpost]へ。
▼ところで局長って誰?そんなあなたに[postmaster's profile]。
▼初めておこしの方はこちらもご覧ください。

▼最新の情報はdpost.jpへ!dpost.jpは今日も更新中。