ウォルト・ディズニー・ワールド、ロン・デサンティス州知事を提訴

ウォルト・ディズニー・カンパニー

さあ盛り上がってまいりました。

LINK: File-Stamped Disney Complaint[1] – DocumentCloud

ウォルト・ディズニー・ワールド(ウォルト・ディズニー・パークス&リゾーツ)は2023年4月26日、フロリダ州知事であるロン・デサンティス氏を提訴しました。これまでの州知事の行動が権力による事業阻害であるとし、これらの報復は違憲と主張しています。

日本語での記事も各種公開されています。これにより、州知事vsディズニーの論争は法廷に舞台を移すこととなります。

LINK: 米ディズニー フロリダ州知事を提訴 大統領選の野党有力候補 | NHK | アメリカ大統領選

LINK: 米ディズニー、フロリダ知事を提訴 「権力で事業阻害」 – 日本経済新聞

LINK: ディズニー、フロリダ州知事を提訴-言論巡る報復は違憲と主張 – Bloomberg

LINK: ディズニー、フロリダ州知事を提訴 「報復的」行為に反発 – WSJ

Opinion: From the “D”post

何度か書いていますが、発端はロン・デサンティス州知事がフロリダ州内の学校において、LGBTQ+関連を学ばせない/発言もさせない「Don’t Say Gay」法案。これに反発した企業が多数登場する中、当時のボブ・チェイペックCEOは遅れて反応(その結果ディズニーへの非難も増える)。そしてロン・デサンティス州知事はその報復としてウォルト・ディズニー社が自治権を持つ、フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートエリア内の「Reedy Creek」の自治権を剥奪に動きます。

自治権剥奪は法案が通り実施されるものの、現時点ではディズニーに自治権が残っていたタイミングで、Reedy Creek管理の規約にさまざまな工夫を凝らし、現理事会には手出しができない内容を多く含んでいます(CNN報道では、理事会がこれらを破棄した数分後に提訴したとのこと)。

LINK: DeSantis-appointed board votes to invalidate Disney’s effort to thwart state takeover of its special taxing district | CNN Politics

それに対しロン・デサンティス州知事は口頭でさまざまな嫌がらせをしているというのが現在の状況です。とりあえず両者の仲が険悪を通り越して訴訟にまで至った、というかんじ。その間もディズニーはイマジニアリングをフロリダに移す(社員は超反発したけど)、安価な住宅をフロリダに提供するなどの施策を行ってはいたのですが、効果があまりなかったようです。