カリフォルニア ディズニーランド・リゾート、Disney100でスタートする新要素のファクトシートを公開

カリフォルニア ディズニーランド・リゾート

カリフォルニア ディズニーランド・リゾート、Disney100でスタートする新要素のファクトシートを公開。2023年1月27日より順次スタートする新要素のファクトシートが公開されました。

「Wondrous Journeys」(2023年1月27日スタート)

本ショーは「ヘラクレス」、「プリンセスと魔法のキス、「ピーター・パン」、「トレジャー・プラネット」、「ベイマックス」、「アナと雪の女王」、そして近日公開の「ウィッシュ」など、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが過去100年間に発表したすべての作品の音楽、キャラクター、瞬間を織り込んでいます。最新のプロジェクション効果を用い、白紙の紙から鉛筆のスケッチ、カラーリングを表現し、アニメーターの芸術性がミッキーマウスやバンビ、アリエル、ミラベルなど愛されるキャラクターに命を吹き込む様子が表現されます。

ファクトシートではショーディレクターのJordan Peterson、クリエイティブ・ディレクターのRoger Gould、作曲家のChristopher Lennertzのコメントを掲載しています。

本ショーでは「MagicBand+」と連動し、光や振動でショーと連動します。プロジェクションはメインストリートUSA、眠れる森の美女城、リバーズ・オブ・アメリカ、そしてイッツ・ア・スモールワールドのファサードなどエリアごとにカスタマイズされ、それぞれの場所でユニークな体験が行えます。

また、ショーのクライマックスでは「ベイマックス」のテーマ曲である「Immortals」の重低音が鳴り響き、ベイマックスがロケットブースターでディズニーランドの上空を飛びます。

ダディ・ブラウンとグラミー賞受賞アーティストであるアレックス・ゲリンガスが音楽と歌詞を担当するオリジナル曲「It’s Wondrous」を含む18曲のディズニーソングが使われます。

LINK: ‘Wondrous Journeys’ Fact Sheet – Disneyland News

「World of Color – ONE」(2023年1月27日スタート)

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ、ピクサー・アニメーション・スタジオ、アベンジャーズ、スター・ウォーズのキャラクター、音楽、ストーリーが同じ作品に登場するディズニーランド・リゾート初の夜間スペクタキュラーです。

ファクトシートではショーディレクターのWendy Ruth、プロデューサーのJennifer Magillのコメントを掲載。アベンジャーズのシーンは「ブラックパンサー」や「ホークアイ」のエンドクレジットシーケンスをインスパイアしたグラフィックスタイルになります。また、スター・ウォーズのシーンは、映画のオリジナルプロダクションアートをベースにした絵画的なスタイルを取り入れました。

メインタイトルはグラミー賞にノミネートされたアーティストCody Fryが作曲し、シンガーソングライターで女優のLoren Allredがリードボーカルを務めるオリジナル曲「Start a Wave」。ショーでは18曲の楽曲で構成されています。

ショーでは「MagicBand+」とも連動。カラフルに光り、振動が連動します。

LINK: ‘World of Color – ONE’ Fact Sheet – Disneyland News

「Mickey’s Toontown」(2023年3月8日オープン)

新たに生まれ変わるトゥーンタウンでは、アトラクション「Mickey & Minnie’s Runaway Railway」(2023年1月27日オープン)、新たな名称となった「Chip ‘n’ Dale’s GADGETcoaster」、そして「Roger Rabbit’s Car Toon Spin」「Disneyland Railroad」のアトラクションに加え、インタラクティブなプレイエリアとして「CenTOONial Park」「Goofy’s How-To-Play Yard and Goofy’s House」「Donald’s Duck Pond」「Mickey’s House and Minnie’s House」、ダイニングとして「Café Daisy 」「Good Boy! Grocers 」がオープンします。

ファクトシートではエグゼクティブプロデューサーのJeff Shaver-Moskowitzがコメントをしています。

LINK: Mickey’s Toontown at Disneyland Park Fact Sheet – Disneyland News

「Mickey & Minnie’s Runaway Railway」に関しては下記のファクトシートをどうぞ。

「Magic Happens」(2023年2月24日スタート)

2020年2月にスタートし、数週間で休止したパレードが戻ってきます。ファクトシートではプロデューサーのVin Reilly,、ショーディレクターのJordan Peterson、楽曲制作のTodrick Hallがコメントしています。

パレードは9台のフロート、90名以上のパフォーマーが登場。前半はトドリック・ホールが作曲した部分を含むポップな楽曲を利用。後半のグランド・フィナーレの楽曲には「Remember the Magic」や花火スペクタクル「Wishes」「Remember… Dreams Come True」のテーマが使われています。

LINK: ‘Magic Happens’ Parade Fact Sheet – Disneyland News

タイトルとURLをコピーしました