円谷プロ「TSUBURAYA MovieNEX」のシステム移行を発表

関連情報

円谷プロ「TSUBURAYA MovieNEX」のシステム移行を発表。2023年2月に「TSUBURAYA MovieNEX」のサービスシステムを「TSUBURAYA IMAGINATION」に移行することを発表しました。

LINK: 【重要なお知らせ】「TSUBURAYA MovieNEX」のシステム切替について – 円谷ステーション – ウルトラマン、円谷プロ公式サイト

Opinion: From the “D”post

非常に注目している流れ。そもそもディズニーはディズニープラス以前、「MovieNEX」という仕組みを販売していました(今もしてます)。これはBlu-ray、DVD、そして動画配信をセットにした販売形態で、動画部分はYouTubeやニコニコ動画などと提携、デジタル配信にて閲覧が可能でした。

が、のちにディズニーはドコモと共同でDisney DELUXEを発表。MovieNEX利用可能なサービスが順次消えていくという状況でした。

さらに、この裏に起きたこととして、ディズニージャパンの重要人物だった塚越隆行氏が円谷プロのCEOに就任、円谷でもMovieNEXを展開します。ちなみにですが塚越氏がディズニージャパンに在籍時にあの「D23 Expo Japan」を開催しており、円谷に移籍後、巨大なイベント「TSUBURAYA CONVENTION」が開催されていたりします。私はこれこそがD23 Expo Japanが成功した理由であり、二度と開催されない理由だと思っています。めちゃくちゃキーパーソン。

で、その置き土産だったMovieNEXがとうとう、円谷側ではサービス終了を迎えるというのが今回のニュースのキモ。既に円谷もディズニーもその上位互換である配信サービスを持っているわけで、この流れは必然。しかし既に購入済み扱いのデジタル配信に対してどういう感じの巻き取りが行われるかはとても気になります。まあMovieNEX持ってる人にディズニープラス1か月分くらい出してくれれば御の字かなあ(ただ、ギフトカードの仕様を見ると、すでに契約済みの人は契約期間延長できないはずなので全く意味がない予感もする)。

タイトルとURLをコピーしました