ウォルト・ディズニー所有の飛行機、内装を1960年代当時に復元へ

ウォルト・ディズニー・カンパニー

ウォルト・ディズニー所有の飛行機、内装を1960年代当時に復元へ。2022年9月に開催された「D23 Expo 2022」で展示され、その後パームスプリングスのPalm Springs Air Museumに移設されたウォルト所有のプロペラ機「Grumman Gulfstream I」(通称:Mickey Mouse One)の内装を復元するプロジェクトが発表されました。

このプロジェクトではPalm Springs Air MuseumとPhoenix Airが共同で行うもので、かつて同型機の2割を所有していたPhoenix Airが部品を提供、修復と再現に2年をかけて行う予定です。

LINK: JUST ANNOUNCED: Disney Announces Restoration and Recreation of the Interior of Walt Disney’s Plane to Its 1960s Design – D23

Opinion: From the “D”post

D23 Expoでの写真をいくつか。この機体は現在、ウォルト・ディズニー・アーカイブスからPalm Springs Air Museumへ長期貸与されていますが、かつてはフロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、ディズニー・ハリウッド・スタジオ内に展示されていたものでした。

追記

興味深いことに、ディズニージャパンがコラムとして本件の翻訳記事を公開しています。いいぞもっとやれ。

LINK: ウォルト・ディズニーが所有した飛行機の内装を 1960年代当時のデザインに修復・再現|企業情報|ディズニー公式

タイトルとURLをコピーしました