ディズニー、米HuluをDisney+に統合を検討

ウォルト・ディズニー・カンパニー

ディズニー、米HuluをDisney+に統合を検討。2022年9月14日に開催された『The Goldman Sachs 2022 Communacopia + Technology Conference』にて、CEOのボブ・チェイペックは現在個別に提供している配信サービス『Hulu』について、『Disney+』との統合を検討しているとコメントしました。

LINK: ディズニー、「Hulu」と「ディズニープラス」統合を検討-CEO – Bloomberg

Huluに関してはその出自を理解しないとなかなか話が分かりにくい(しかも日本版Huluとは全く違う話なのでいったん日本版は無視したほうが分かりやすい)ので簡単に述べるにとどめますが、もともとHuluは、NBC、Fox、ABC、AT&Tなどのメディアが出資して作った配信サービスで、後にNBCがコムキャストにより買収され、FoxがDisneyに買収される経緯がありました。コムキャストが持つ33%のHulu株式を2024年1月以降にディズニーに売却することが決定しており、今回のコメントはそれを早める可能性も示唆しています。

ご存じのように既にディズニーは独自の配信サービス『Disney+』およびスポーツ系の『ESPN+』を持っており、アメリカではバンドルプランも提供されています。今回のボブ・チェイペックのコメントは、日本における『スター』のように、hulu関連プログラムをDisney+内でそのまま見られるようになるため、利便性が上がることになるでしょう。

で、日本における状況なのですが、日本では既にスターが提供されているだけでなく、そもそも米huluで配信されている各種プログラムも既にスター内で配信されている(例えば『マーダーズ・イン・ビルディング』とか)のであんまり影響はありません。日本におけるhuluはほぼ日本テレビそのものですので、同じ名前のサービスですが今回の話とはほぼ無関係です。分かりにくい。

タイトルとURLをコピーしました