チャドウィック・ボーズマンや『Frozen』キャストを選出 ディズニー・レジェンド2022年メンバーを発表

ウォルト・ディズニー・カンパニー

D23 Expo 2022のキックオフとなる授与式は、オンラインでライブ配信されることも発表されました。

LINK: JUST ANNOUNCED: D23 Expo to Kick off With Epic Opening Ceremony That Includes Disney Legends Awards – D23

2022年9月9日より開催の『D23 Expo 2022』キックオフとなる、ディズニー・レジェンド授与式に登壇する、2022年選出者が発表されました。

ディズニー・レジェンドとは、さまざまな“ディズニー”に対し貢献した方々を称賛するもので、ここ最近はD23 Expoの開催タイミングで選出されています。

今回は新たに14名のディズニー・レジェンドが選出されています。以下、アルファベット順に紹介します。

アンソニー・アンダーソン

シットコム『black-ish』で主演、制作総指揮を務めた方。NAACPイメージ賞を7回受賞し、エミー賞7回、ゴールデングローブ賞3回のノミネートを獲得しています。

クリステン・ベル

俳優、作家、プロデューサーで、2005年にアメリカでDVDリリースされた『猫の恩返し』でひろみ役を担当。その後2013年『アナと雪の女王』、2019年『アナと雪の女王2』でアナ役を担当します。ディズニープラスでは近日公開予定の『Zootopia+』において、ナマケモノのプリシラ役を担当する予定です。

チャドウィック・ボーズマン

マーベル『ブラックパンサー』で称賛を集め、同作品でマーベル作品初の作品賞ノミネートを含む、アカデミー賞7部門にノミネートされた俳優。Disney+のアニメシリーズ「What If…?」でエミー賞にノミネートされました。2020年8月逝去。

ロバート・コルトレーン

1990年にウォルト・ディズニー・イマジニアリングのショーセットデザイン部門に入社、ショーデザイン、コンセプトデザイン、アートディレクションなど複数の分野を経て、最終的にエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターとして活躍しました。これまで『Mickey’s PhilharMagic』『Muppet*Vision 3D』『Roger Rabbit’s Car Toon Spin』などを手掛け、最近では『Radiator Springs Racers』や『Mickey & Minnie’s Runaway Railway』、東京ディズニーリゾートの拡張工事も担当していました。2019年に引退しています。

パトリック・デンプシー

パトリック・デンプシーはゴールデングローブ賞とSAG賞のテレビシリーズ部門の最優秀演技賞に2度ノミネートされている俳優で、ディズニー作品としてはabcの『グレイズ・アナトミー』や、『メラニーは行く!』(2002年)、『ブラザー・ベア2』(2006)、『魔法にかけられて』(2007)、そして今後公開される Disney+作品『Disenched』でも出演しています。

ロバート・フォスター

1956年にウォルト・ディズニー・プロダクション法務部に入社、1963年には極秘プロジェクト『フロリダ計画』(後のウォルト・ディズニー・ワールド)責任者として任命され、土地の調査と買収を行った方。その後ウォルト・ディズニー・ワールド社の副社長、秘書、法律顧問に就任し、1974年に退社しました。2022年1月逝去。

ジョシュ・ギャッド

トニー賞受賞の俳優であり歌手。『アナと雪の女王』シリーズでオラフを担当し、さまざまな楽曲も歌っています。『美女と野獣』(2017年)でルフウ役を、『アルテミス・ファウル』(2020年)でマルチ・ディガムズを演じています。

ジョナサン・グロフ

ブロードウェイ『春のめざめ』(2006年)を皮切りに、演劇、映画、テレビで活躍する俳優。『アナと雪の女王』にてクリストフ役を担当し、エミー賞とゴールデングローブ賞を受賞したテレビシリーズ『グリー』にてジェシー・セント・ジェームズ役で出演しています。

ドン・ハーン

1976年にウォルト・ディズニー・スタジオの美術小道具係で入社。後に『ピートとドラゴン』(1977年)で助監督を務めた後、『きつねと猟犬』(1981年)で助監督を務め、アニメーターのキャリアをスタートします。後に『ロジャー・ラビット』(1988年)『美女と野獣』(1991年)『ライオン・キング』(1994年)でプロデューサーとして活躍、『ノートルダムの鐘』(1996年)、『ラマになった王様』(2000年)などに参加しています。

監督としても『Waking Sleeping Beauty』(2010年)、『Howard』(2020年)などのドキュメンタリーを手掛けています。

ドリス・ハードゥーン

1979年にウォルト・ディズニー・イマジニアリングにジュニアデザイナーとして入社。その後リードデザイナー、アートディレクター、プロデューサーとして、世界中のさまざまな画期的なプロジェクトに携わりました。エプコットセンター、東京ディズニーランド、ディズニーランド・パリ、ディズニー・アニマルキングダムなどテーマパークをはじめ、ディズニー・クルーズラインなどのプロジェクトにも参加しています(ウェストコットやロングビーチ版ディズニーシーなど未成プロジェクトにも)。2000年には会社を去ったものの、2009年には上海ディズニーリゾートの構想のため再びディズニーに戻っています。2022年にTHEA Buzz Price Lifetime of Distinguished Achievements Awardを受賞しています。

イディナ・メンゼル

俳優、歌手、作詞家、慈善家として活躍する方で、2004年にブロードウェイ版『ウィキッド』エルファバ役でトニー賞を受賞。2013年『アナと雪の女王』ではエルサの声を担当し、オスカーとグラミー賞を受賞した楽曲『Let It Go』はビルボードホット100チャートで5位を記録するなど世界的な現象となりました。

その他にも『魔法にかけられて』ではナンシー・トレメイン役で出演。続編『Disenchantment』にも出演予定です。

クリス・モンタン

1984年にウォルト・ディズニー社に入社。後に『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『プリティ・ウーマン』『天使にラブソングを』『アラジン』『ライオン・キング』『ポカホンタス』『ノートルダムの鐘』『ヘラクレス』といった名作やベストセラー映画のサウンドトラックを監督しています。彼の作品はグラミー賞に多数ノミネートされ、『アイーダ』では最優秀オリジナル・キャスト・レコーディング賞を、『アナと雪の女王』では最優秀コンピレーション・サウンドトラック(ビジュアルメディア部門)を受賞しました。

エレン・ポンピオ

ゴールデンタイムのドラマ『グレイズ・アナトミー』に出演する女優の一人。ABCの最高視聴率ドラマとしてシリーズを盛り上げ続け、2007年にはゴールデングローブ賞にノミネートされました。主な出演作には、『ムーンライト・マイル』(2002年)、『オールドスクール』(2003年)、『デアデビル』(2003年)などがあります。

トレイシー・エリス・ロス

abcの『black-ish』で主演を務め、同時にプロデューサー、ディレクターとしても活躍しています。トレイシーはエミー賞のコメディシリーズ部門優秀主演女優賞に5回ノミネートされ、2015年、2016年、2017年、2020年のNAACPイメージ賞のコメディシリーズ部門最優秀女優賞を受賞しています。また、トレイシーは、2019年にローンチしたヘアケアブランド「PATTERN」の創設者兼CEOです。

これまで304名のディズニー・レジェンドを選出、一部のプレゼンテーションはライブ配信予定

今年の受賞者を含めると、合計304名のディズニー・レジェンドが選出されています。

過去のディズニー・レジェンドには、ティム・アレン、ジュリー・アンドリュース、ハワード・アシュマン、ロバート・ダウニー・ジュニア、アネット・フニチェロ、ウーピー・ゴールドバーグ、エルトン・ジョン卿、アンジェラ・ランズベリー、ジョージ・ルーカス、スティーブ・マーティン、アラン・メンケン、ヘイリー・ミルズ、フェス・パーカー、ロビン・ロバーツ、マーティ・スカー、ディック・バン・ダイク、バーバラ・ウォルターズ、ミンナ・ウェン、ベティ・ナイト、ロビン・ウィリアムズがいます。2009年に開催されたD23 Expoを皮切りに、何千人ものディズニーファンがディズニー・レジェンド・アワードの授賞式を直接楽しむことができるようになりました。

D23 Expo LIVEにて、一部のプレゼンテーションがストリーミング配信される予定です。ディズニー・レジェンド・セレモニーは2022年9月9日10時30分(現地時間)より開催。日本時間では9月10日夜2時30分からスタートです。

タイトルとURLをコピーしました