厚生労働省、新型コロナウイルス感染症に対する日本入国時の検疫措置を一部変更

関連情報

厚生労働省、新型コロナウイルス感染症に対する日本入国時の検疫措置を一部変更。出国前72時間以内に検査した陰性の検査証明書はワクチン接種完了の有無にかかわらず引き続き必要となりますが、72時間以内に日本を出国し入国する短期滞在においては、日本出国前に取得した陰性検査証明書を用いることが可能となりました。ただし、この方法では帰国時検査の必要事項を満たす必要があるため、抗原“定性”検査の結果は使用できません。

短期間の旅行ではこのルールを適用できる場合もあるかと思います。

LINK: 海外安全ホームページ: 広域情報

LINK: 水際対策|厚生労働省|日本政府

Opinion: From the “D”post

なお、2022年8月の記者会見にて、首相は「感染拡大の防止と社会経済活動のバランスをとりながら、他の先進7か国(G7)諸国並みに円滑な入国が可能となるよう緩和の方向で進めていきたい」とコメントしています。

LINK: 岸田首相、水際対策「G7並みの円滑な入国を可能に」: 日本経済新聞

が、まったく同じ趣旨のことを5月にも述べているので、進展は望むべくもなく。

LINK: 岸田総理「他のG7諸国並みに」 6月にも水際対策大幅緩和へ

夏休みの間に帰国難民が続々と増えていることもあり、本当に影響が出始めています(私も本業で影響が出始めてまして……)。いったいどうしたら。

短期旅行でディズニーで、というと香港ディズニーランドや上海ディズニーリゾートに行きたいところですが、香港はいま水際対策として3日間の義務的検疫での隔離が必要ですし、上海でも7日間の隔離施設での検疫+3日間の自宅観察が必要なためほぼ不可能と考えてよいでしょう。アメリカで72時間以内に返ってくるのもほぼ現実的ではないので、やはり帰国時陰性検査が不要になるまで安心して渡航はできないですね。

タイトルとURLをコピーしました