東京ディズニーリゾート、2023年度に最繁忙期のチケット価格を値上げへ

東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾート、2023年度にチケット価格を値上げへ。日経によると、オリエンタルランド吉田社長がインタビューに答え、最安値は維持する方向で最繁忙期のチケット価格を値上げするとコメントしています。前回の価格改定は2021年10月1日で、現在は7900〜9400円の幅でチケット価格が設定されています。

値上げの時期は新エリア『ファンタジースプリングス』がオープンする2023年度を目処とし、価格は改めて発表される予定です。

LINK: 東京ディズニー、最繁忙期値上げへ チケット価格幅拡大: 日本経済新聞

Opinion: From the “D”post

新エリアオープンに伴うチケット値上げは想定通りなので何もサプライズはないですが、むしろこのインタビューの「時短営業や入場制限で来園者を減らしたことが、結果として客単価と利用者の満足度向上につながった」とか、ディズニー・プレミアアクセスについて「想定よりも購入率が高く、拡大も選択肢」とか、新規開発も「スクラップ・アンド・ビルドは今後も進める」とかとても読み応えあります。新社長になってもう1年なので、どんどん存在感示してほしいですね。

なお、前回のチケット価格改定は2021年9月24日発表、10月1日実施というスピード感でした。これまでは発表から2〜3カ月近くあけての実施でしたが、変動価格制が取り入れられて以降は直前の発表となっています。しかもプレスリリースも出なかったのはちょっと驚きでした。

下記も合わせて。

タイトルとURLをコピーしました