ウォルト・ディズニー社パーク部門のフロリダ移転、2026年まで延期か

ウォルト・ディズニー社パーク部門のフロリダ移転、2026年まで延期か。

LINK: Walt Disney Imagineering Move to Lake Nona Delayed to 2026 – WDW News Today

LINK: Disney Delays Relocation of Thousands of Jobs to Florida Until 2026 – The Hollywood Reporter

The Hollywood Reporter経由WDWNTなどを。以前ウォルト・ディズニー社のテーマパーク部門で、カリフォルニアを拠点としていたイマジニアなど2000人を、フロリダ州オーランドのレイク・ノナに2022年末をめどに移設することが発表されていました。が、この予定が延期になったと伝えています。

この決定にはいろんなものが絡んでいます。まずはフロリダ州とウォルト・ディズニー社との軋轢で、フロリダ州のロン・デサンティス知事による、通称『Don’t Say Gay』法案にからんでディズニー社との摩擦が発生しており、フロリダ州はウォルト・ディズニー社、とりわけウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに関連する自治権を剥奪する法案を成立させ、ディズニーにプレッシャーを与えていました。

今回の移転延期に関して、ディズニーの広報担当者は、最終的にレイク・ノナ地域への移転は行う方向であるとしつつ、キャンパスの稼働が2026年になったことで、異動する従業員にも引き続き柔軟性を提供したいと述べています。

Opinion: From the “D”post

ざっくり言うと、フロリダ州の自治権剥奪に対するディズニー側のアクションといったところかとおもいます。が、そもそもこの移転が急に決まったことで内部での軋轢も生じており、有名なイマジニアもこれをきっかけにディズニーを離れるなどの動きもあり、大丈夫かボブ・チェイペック、となっていたところ。

この件でもおそらく多くの雇用をフロリダ州に発生させることで、その見返りに減税措置などが発生していたはずで、それがなければわざわざフロリダに移設することもないはず。そうなると結構な敷地面積を確保しているはずのレイク・ノナ地域がどうなるのかちょっと心配ですね。というかフロリダ州のいざこざが終わる気配がないのも本当に問題。これ知事が替わっただけではなんとも動かないような気もするなあ。

あともう一点。これ最初に報じたのがWDWNTなんですよね(THR記事にも明記されている)。WDWNTは他のオーランド系ブロガーとはかなり異なる立ち位置にいて、既に公式なプレスイベントには(見た感じ)呼ばれていない状況にあります。しかしそれでもバンバン特報を出せるのは、社内の深い部分に内通者というか情報筋をかなりたくさん持ってるんですよね。なので公式に呼ばれなくても他と異なる角度の記事が出せるという。良しあしは別として非常に面白い動きです。ディズニー本体はめちゃくちゃ煙たがってるだろうけど。

タイトルとURLをコピーしました