ディズニーアンバサダーホテル『エンパイア・グリル』の“ディズニー・イースター”ランチを体験してきた

そっちのディズニー・イースター!?

LINK: 【公式】エンパイア・グリル | ディズニーアンバサダーホテル | 東京ディズニーリゾート

ディズニー・アンバサダーホテルのカリフォルニア料理レストラン『エンパイア・グリル』にて、現在開催中の『ディズニー・イースター』に関連するメニューを展開しています。今回それを取材できましたのでレポートを。

“ディズニー・イースター”エンパイア・グリル・ランチはディズニー・イースターをモチーフに

“ディズニー・イースター”エンパイア・グリル・ランチ

まずは『“ディズニー・イースター”エンパイア・グリル・ランチ』。アペタイザー、ミニタコス、メイン、そしてデザートの、けっこうボリュームのあるコースです。

ミニタコスはボロネーズ、プルドポーク、スモークサーモンとシュリンプの3種。これにソースがオニオンサルサ、ジンジャーマヨなど3つあり、組み合わせて召し上がれ。アペタイザーもアランチーに、マグロのマリネ、生ハムのスプレッド、グリーンピースのムースとバラエティ豊かです。ここまではペロリといただけるのでは。

メインディッシュは『松阪ポークスペアリブのグリル』、『水郷赤鳥のグリル』、『マトウダイのグリル』、『ビーフサーロインのグリル』(+1500円)、『エンパイア・グリル特製バーベキューグリル』(+2000円)を選べます。今回は松阪ポークスペアリブのグリルをいただきました。スペアリブというと、バーベキューソースにどっぷりという印象があったりするんですが、今回のスペアリブは素材の味を生かした印象があります。ランチとしてちょうどいい量で、ゆったりと食べられるのではないでしょうか。

そしてお待ちかねのデザート。見てすぐに分かるように、ピスタチオのムースで作られた火山は東京ディズニーシーのプロメテウス火山ををイメージしています。そしてプルートはイースターエッグのカゴをくわえ、ポンテ・ヴェッキオを歩く様子をイメージしています。そう、今回のディズニー・イースターをイメージしたメニューは“東京ディズニーシーの”ディズニー・イースターなんですね。こちらも見た目通り、甘くてフルーティな味わいで楽しい時間を過ごせるかと思います。

そして今回、このランチにはディズニー・イースターのオリジナル木製チャームが付いてきます。

“ディズニー・イースター”エンパイア・グリル・ランチは6000円です。

LINK: 【公式】“ディズニー・イースター”エンパイア・グリル・ランチ | ディズニーアンバサダーホテル|東京ディズニーリゾート

ディズニーアンバサダーホテル宿泊者限定、豪華な朝食を

そして今回、エンパイア・グリルで提供されている『エンパイア・グリル・デラックスブレックファスト 【オリジナルマグカップ付き】』もチェックしてきました。これは宿泊者のみ、朝7〜9時に提供されている朝食です。

この朝食はアペタイザー・メドレー、ベーコンと生ハムのエッグベネディクト仕立て、スモークサーモンとシュリンプの彩りサラダ、デザート、コーヒーまたは紅茶の豪華な朝食コースとなっています。アペタイザー/メドレーは3段のティースタンドに乗せて用意。朝からスゴイ。

また、このメニューにはオリジナルのマグカップが付いています。注文は2名以上から、1名につき1つマグカップが付いています。キッズプレート/チャイルドプレートの用意もあり。

LINK: 【公式】エンパイア・グリル・デラックスブレックファスト 【オリジナルマグカップ付き】 | ディズニーアンバサダーホテル|東京ディズニーリゾート

Opinion: From the “D”post

多分私の見方が変わっただけだと思いますが、多分ホテル側もパーク前提ではない日の過ごし方の提案として、ホテルステイを前提とした(パークに行かない)アクティビティとしてのレストランを強く提案していると思いました。特に朝食メニューは7〜9時提供ということで一応これを食べてからパークに行けないことはないですが、ここまで豪華な朝食ならゆっくりゆったり楽しみたいもの。ランチメニューもそうですが、時間をじっくりかけることができるようになったことで、ディズニーホテルの立ち位置も変わりつつあるのかも、と思いました。いや、いままでもやってたよ!ということかもしれませんが。

特にいま、まん延防止等重点措置も空け、再びGotoあらためワクワクなんとかがスタートしようとしているので、多分東京近辺に住む人も舞浜のホテルを利用したいと思っていることでしょう。ちょうどいいタイミングで新ホテルもオープンしましたが、最も老舗であるディズニーアンバサダーホテルも負けてられませんね。なんとなくですが、これまで全くディズニーホテルに来なかったような方たちがいっぱい来てくれるのではないかな……とか思いました。そうなるといいなあ。

タイトルとURLをコピーしました