ウォルト・ディズニー、ウクライナ危機を踏まえロシアでの映画公開を停止

ウォルト・ディズニー・カンパニー

“Given the unprovoked invasion of Ukraine and the tragic humanitarian crisis, we are pausing the release of theatrical films in Russia, including the upcoming Turning Red from Pixar.
We will make future business decisions based on the evolving situation. In the meantime, given the scale of the emerging refugee crisis, we are working with our NGO partners to provide urgent aid and other humanitarian assistance to refugees.
The Walt Disney Company

(deepl訳)
“ウクライナへのいわれのない侵攻と悲惨な人道的危機を鑑み、ピクサーから公開予定の『Turning Red』(私ときどきレッサーパンダ)を含め、ロシアでの劇場用映画の公開を一時停止します。
今後、状況の変化に応じて、ビジネス上の決断を下していきます。一方、新たに発生している難民危機の規模に鑑み、私たちはNGOパートナーとともに、難民への緊急援助などの人道支援に取り組んでいます。
ウォルト・ディズニー・カンパニー

https://twitter.com/WaltDisneyCo/status/1498449700705357824

LINK: Statement from The Walt Disney Company in Response to the Crisis in Ukraine – The Walt Disney Company

LINK: 米ディズニー ロシアでの新作映画公開を中止 ウクライナ侵攻で | ウクライナ情勢 | NHKニュース

追記

タイトルとURLをコピーしました