有料の『Genie+』利用率は3分の1を超える—— ウォルト・ディズニー社 FY2022第1四半期決算発表

なかなか興味深いコメントがありました。

LINK: The Walt Disney Company Reports First Quarter Earnings for Fiscal 2022 – The Walt Disney Company

LINK: Disney’s Q1 FY22 Earnings Results Webcast – The Walt Disney Company

ウォルト・ディズニー社は2022年2月9日、FY2022第一四半期の決算を発表しました。特に前年同期では臨時休園が関係してDisney Parks, Experiences and Products部門が低調でしたが、今期決算では多くのパークが再開、クルーズ事業も部分的に再開したことで収益が改善しました。

特にパーク部門は好調で、売上増の要因として2021年秋にスタートした、スマートフォン利用で有料の優先入場システムを含む『Disney Genie+』および『Individual Lightning Lane』の売上が大きかったと述べています。

10~12月期は米国のパークを訪れたゲストの3分の1以上、特に11月の感謝祭から年末にかけては50%の来園者がこうした追加サービスを利用した。反感を生みやすい一律の値上げではなく、来園者がパークに求める過ごし方に応じて追加料金をもらう。1人あたりのパークでの支出は3年前と比べて40%増えたという。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN102PM0Q2A210C2000000

LINK: 米ディズニー、パーク回復支えた「値上げ」 売上高最高: 日本経済新聞

タイトルとURLをコピーしました