1月27日発売『東京ディズニーリゾート アトラクションガイドブック2022』を読んだ

東京ディズニーリゾート

講談社ディズニーファン編集部より見本誌をいただきました。ありがとうございます!

ざっと拝見いたしました。お世辞でもなんでもなくさすがディズニーファン編集部といったまとめ方で、最近行ってないという方ならば強くおすすめできる一冊です。開園してもうすぐ40年にもなろうという場所なので、昔ほどはこういったガイドブックの必要性は感じませんが、むしろいまの時代、なかなかパークには行けないという今こそ、こういったガイドブックを見て「次はここに行こう」と思えるようになるのではないでしょうか。アトラクションの概説も非常にていねいです。そしてパーク再開後一気にメジャーになった公式アプリの使い方解説がとてもよいです。我々はいつの間にか使えるようになってるんであんまり苦労はなくても、あのUI独特ですからね……。それを紙媒体で読めるのは心強いです。

そして一番気になってたのは、前回いただいたときに全く関係ない駄文を連ねたS.E.A.について。駄文の陰謀論みたいな話はさておき、いまだに魅了してやまない『ソアリン:ファンタスティック・フライト』を紹介したその次のページが『フォートレス・エクスプロレーション』(&ザ・レオナルド・チャレンジ)であるあたりめちゃくちゃ分かってる!!

今回は約2年ぶりのアトラクションガイドブックということで、普通の人が考えるガイドブックに一番近い構成となっています。とはいえショーやグリーティングも掲載されており、かつ2023年度オープン予定の東京ディズニーシー『ファンタジースプリングス』情報もあり、間違いなくネットよりも正しい情報が入っている一冊です。そして先にも書いたように、今だからこそこういうガイドブックをマニアも手に取ってみて、じっくり知識を固めてみるというのもアリなんじゃないかなー、と思いました。なんというか、中級者が一番自説に凝り固まってしまう現象がありますからねえ。はやくディズニーチョットデキル状態になりたい。

ということで、1月27日発売です。一度本屋で手に取ってみてそのクオリティを確認してみてくださいませ。というか講談社制作のガイドブック、自ら生み出したライバル本がまもなく出てしまうので痛しかゆしですね(苦笑)。

この記事は「講談社ディズニーファン編集部」の取材協力(献本)にて公開しています。
物品、サービス、取材渡航費等の提供:あり/金銭の提供:なし

タイトルとURLをコピーしました