舞浜に引っ越せないので浦安市へのふるさと納税をやってみた

まあ、そういう形の協力もある……のかな。

LINK: ふるさと納税|浦安市公式サイト

『ふるさと納税』というものがあります。これ自体の詳細な説明は省くとして、ふるさと納税は自身が在住するところ以外なら寄付が可能です。私自身はまだふるさと納税をしたことがなく、以前取材した浦安ブライトンホテル東京ベイさんに今度リリースを出しますーと言われ、「え、浦安市もふるさと納税やってるんですか?!」と聞いたレベル。で、リリースが出たので軽い気持ちで取り上げたこの記事が、現在2021年最も読まれた記事トップテンに入るレベルで読まれました。マジすか。

ということで、私自身も今回はやってみようというのが本記事です。ただしふるさと納税そのものの紹介は他に譲ります(ふるさと納税の是非についても触れません)。基本的に確定申告ありの人ならちょこっと追記するレベルですし、確定申告しない人ならワンストップ申請もできるので、さほど手間はかかりません。

返礼品は何を選べばいい?

これはフリーランスの会計に詳しい専門家に聞いた話なのですが、フリーランスができる節税対策としてやるべきなのは『小規模企業共済制度』『国民年金基金』『iDeCo』そして『ふるさと納税』。このうちふるさと納税は一番簡単な対策なのではないかと思います(個人的には小規模企業共済制度を推しますけど)。

専門家の方に聞いたら、フリーランスとしてはある程度経費をコントロールできるので「ふるさと納税の返礼品は、経費で買えるものは選ばない」のが正しいとのことでした。確かにプロ向けキーボードとかPCとか返礼品にあるんですが、それは普通に経費として使った方が効果が高いので非常に納得。つまり、返礼品は逆立ちしても経費になりえない消え物がよいわけですね。

ということで、複数あるふるさと納税関連サイトからなんとなくふるさとチョイスを選択。理由はあんまりありませんので、好きなところを選んでください。浦安市に関していえば対応するのは「ふるさとチョイス」、「楽天ふるさと納税」、「ふるぽ」、「ふるなび」のみとのことです。

LINK: ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | お礼の品掲載数No.1

一つ忘れてました。前もって触れておくとふるさと納税は、市民税の前払いという形で自治体にクレジットカードなどで支払いを行い、後に市民税などの控除の形で反映されます。なので、クレジットカードが提供するアフィリエイト的なページ(例えば三井住友系ならポイントアップモール)を経由し、ふるさと納税サイトを利用するとクレジットカードでもらえるポイントがアップします。私は自分の寄付を行ったあとにこれを知りました。なので、楽天ポイント経済圏の人などは楽天系で寄付すると良いと思います。考えようによっては市民税をクレジットカードで支払える、とも捉えられるんだなこれ。

上限金額を考えつつ寄付を選ぶ

各種ふるさと納税サイトを見ると、それぞれの方がどこまで寄付可能か、計算するツールなどがあるかと思います。ちょうど皆さんのところにも年末調整などの資料が集まりつつあるかと思いますが、住民税の額などからそれが分かるのではないかと。その上限を超えないように調整しつつ、適当な返礼品を選びます。

LINK: 控除上限額かんたんシミュレーション | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

LINK: 控除上限額シミュレーション | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

浦安市に限る必要はないのですが、面白いので東京ディズニーリゾート・パートナーホテルから選んでみようと思います。いま参加している関係組織は浦安ブライトンホテル東京ベイ、東京ベイ舞浜ホテル、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、ホテル エミオン 東京ベイ客室、そしてハーヴェスト・ムーン(地ビール)など。宿泊券だったりレストランだったりお菓子だったりビールだったり(余談ですが東京ベイシティバス模型とかブリオベッカ浦安の舞田べか彦のオリジナルぬいぐるみとかもある)。

ということで、この話を教えてもらったこともあり浦安ブライトンホテル東京ベイ、カシュカシュディナーブッフェを選んでみました。

ふるさと納税では、その寄付金の使い道も指定することができます。今回は「観光・リゾート・地域産業の振興」を選んでみました。

このあとクレジットカードなどの決済手段で寄付金を支払い、あとは待つだけです。

届いた

今回は4日後に届きました!

確定申告でふるさと納税を申告、e-Taxなら添付資料は保管を

あとは確定申告で対応するだけ。これを忘れると住民税がまるまるくるので忘れないように。関連するリンクをまとめておきます。まずは確定申告の人。e-Taxなら寄附金受領証明書は添付省略で保存必須、令和3年からは各ふるさと納税ポータルサイトからエクスポートしたデータをe-Taxに取り込めるようになるとも聞いています(試してない)。

LINK: No.1155 ふるさと納税(寄附金控除) |国税庁

LINK: ふるさと納税をされた方へ:令和2年分 確定申告特集

LINK: ふるさと納税をした際の、寄附金控除方法を教えてください。 | マネーフォワード クラウド確定申告

LINK: ふるさと納税で税金を抑える!その確定申告の方法と申告用紙の書き方 | 経営者から担当者にまで役立つバックオフィス基礎知識 | クラウド会計ソフト freee

LINK: 2021年の寄付分から、ふるさとチョイスでふるさと納税をすると確定申告が楽になります! | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

ワンストップ申請に関してはこちらを。申請書をダウンロード、記入して自治体に提出することで控除が受けられます。

LINK: ワンストップ特例制度とは | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

Opinion: From the “D”post

やってみたらさほど大変でもなかった、というのが感想です。ふるさと納税はそれなりに歴史もあるので、たぶんもっと詳しい人がいろいろなテクニックを持っていそうな感じ。私自身はまだその上限がよく分かってなくて、今回の結果を持って来年以降継続するかどうか決めようかなと。

ただ、フリーランスの人は『小規模企業共済制度』に満額突っ込むべきなのと、各業界にあるであろう適切な国民健保組合に加入可能な団体にはいり、なんとしても国民健康保険の額を減らすことが第一のような気はしています。私は本業でフリーライター界で話題の日本デジタルライターズ協会に入っており、全フリーライターが目指す文芸美術国民健保組合に加入してます。エンタメ系フリーライターってどうしてんだろ?

LINK: 一般社団法人 日本デジタルライターズ協会

タイトルとURLをコピーしました