『白雪姫』から40年以上スタジオに従事——ディズニー・レジェンド、ルシー・トンプソン氏111歳で逝去

伝説がまた一人……。

LINK: Remembering Disney Legend Ruthie Tompson – The Walt Disney Company

LINK: Remembering Disney Legend Ruthie Tompson – D23

ウォルト・ディズニー社は、白雪姫の時代から40年以上ディズニー・アニメーション・スタジオに従事し、インク&ペイントやファイナルチェック、シーンプランニング、カメラ部門などで大きな役割を果たしたルシー・トンプソンさんが2021年10月10日に111歳で逝去したことを発表しました。

ルシー・トンプソンさんは『白雪姫』『ピノキオ』『ファンタジア』など初期長編作品にたずさわり、1977年公開の『ビアンカの大冒険』(The Rescuers)に至る40年以上のキャリアを持つ方。1975年に引退し、それまでの功績から2000年にディズニー・レジェンドを授与されています。このキャリアを見ても分かるように、ウォルト・ディズニーやロイ・ディズニー、アブ・アイワークスたちとキャリアを共有した、初期ハリウッド時代を知るかたでした。

LINK: Ruthie Tompson – D23

今回の報を受け、ウォルト・ディズニー社会長のボブ・アイガーがステートメントを出しています。

ルシーはアニメーターの中でも伝説的な存在であり、『白雪姫と七人の小人』や『レスキュー隊』など、彼女がディズニーにもたらした創造的な貢献は、今日まで愛される名作となっています。彼女の笑顔と素晴らしいユーモアのセンスを失うことは残念ですが、彼女の卓越した仕事と開拓者精神は永遠に私たちのインスピレーションとなるでしょう。

各アカウントも逝去の報を受け、メッセージを発信しています。

タイトルとURLをコピーしました