屋内グリーティングやインディ・ジョーンズのショーが復活、WDWで各種エンターテイメント再開予定を発表

限定的ながらグリーティングが再開するのはうれしいですね。

LINK: More Live Entertainment, Disney Character Experiences, and Indiana Jones Returning to Walt Disney World Resort This Fall | Disney Parks Blog

大きなマイルストーンです。50周年イベント『The World’s Most Magical Celebration』が2021年10月1日にスタートしたばかりのウォルト・ディズニー・ワールドにて、この秋複数のエンターテイメントが戻ってきます。

ウォルト・ディズニー・ワールドでは5万人以上のキャストが復帰し、現在は6万5000人以上のキャストが働いています。さらに多くのリゾートやゲストロケーションで、毎週数百人のキャストが採用されています。

10月1日には一部のエンターテイメントが既に再開しています。マジック・キングダムのキャッスルステージで開催される『Let the Magic Begin』、エプコットの『Alberta Bound』(カナダ)、『Sergio』(イタリア)、そして『祭座』(日本)が再開しています。

また、10月14日からはディズニー・アニマルキングダムの『Chakranadi』が、11月初旬からは『Tam Tam Drummers』が復活します。さらにリゾートホテルのパフォーマーも順次再開が予定されており、ディズニー・ボードウォーク・リゾートでのパフォーマンスが再開、そして10月14日にはポートオーリンズ・リゾート・リバーサイドに『Yeehaw Bob』が帰ってきます。

屋内グリーティングも順次再開

そして待望の報が。これまでCOVID-19対策の一環でキャラクターたちがカバルケードやミニパレードの形でサプライズ登場していましたが、これらの多くはひきつづき継続して開催されることが発表されました。

加えて、11月からはマジック・キングダムの『Princess Fairytale Hall』にプリンセスたちが、ディズニー・ハリウッドスタジオの『Red Carpet Dreams』にはミニーマウス、『Animation Courtyard』にはディズニー・ジュニアの仲間たちが登場。さらにメインストリートUSAの『Town Square Theater』バックステージでは、ミッキーマウスが、50周年のEARidescentなコスチュームで登場します。グリーティングはソーシャルディスタンスを保つ形での再開です。

『Disney Movie Magic』、『Indiana Jones Epic Stunt Spectacular』の再開も決定

さらに、ディズニー・ハリウッドスタジオにて11月7日からナイトタイムエクスペリエンス『Disney Movie Magic』の再開が決定しました。再開タイミングでは、実写版『ムーラン』のシーケンスが新たに追加されたバージョンとなります。

そして同じくディズニー・ハリウッドスタジオのエンターテイメント『Indiana Jones Epic Stunt Spectacular』の再開が12月19日と発表されました。

なお、一部のエンターテイメントは変更される可能性があります。そしてまだ再開が発表されていないエンターテイメントに関しても、後日発表がある予定です。

ウォルト・ディズニー・ワールド50周年『The World’s Most Magical Celebration』についてはこちらの記事でまとめています。ぜひどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました