米ディズニーランドの『Roger Rabbit’s Car Toon Spin』、アップデートでジェシカ・ラビットのストーリーを“適切に”変更(update)

ロジャー・ラビットのストーリーもアップデートが行われます。

LINK: Disneyland makes Toontown ride ‘more relevant’ with Jessica Rabbit as central character – Orange County Register

OC Register記事を。トゥーンタウンにて運営しているアトラクション『Roger Rabbit’s Car Toon Spin』にアップデートが行われ、ジェシカ・ラビットのストーリーが“適切”に変更されることが明らかになりました。これにより、フィナーレシーンを含め内容が刷新されます。

新たにアップデートされるストーリーでは、ジェシカ・ラビットが主役となり、トゥーンタウンの犯罪を撲滅する私立探偵として展開します(追記参照)。これまでは冒頭シーンでイタチに自動車のトランクに詰め込まれていたシーンがあり、既にそのシーンのジェシカのフィギュアが削除されていたことが話題になっていましたが、これに対してディズニー側の正式なコメントが出た形です。

ディズニーのテーマパークではこれまで運営されていたアトラクションの内容をアップデートする事例が増えており、同社の方針が反映されつつあります。これまでも『カリブの海賊』における女海賊追加や、『ジャングルクルーズ』のストーリーのアップデート、そして『スプラッシュ・マウンテン』のアップデートなどが予告されています。

Opinion: From the “D”post

以前寄稿したこちらもあわせて!

『ロジャーラビットのカートゥーンスピン』は東京ディズニーランドにも存在するわけですが、こちらもどうなるかは楽しみですね。意外と細かに見える部分もきっちりアップデートをかけていくことが分かる事例です。

LINK: 【公式】ロジャーラビットのカートゥーンスピン|東京ディズニーランド|東京ディズニーリゾート

なお、本家トゥーンタウンには2023年にMickey & Minnie’s Runaway Railwayがオープン予定です。

追記

キューラインに新たなプロップが追加されるとのこと。ジェシカの探偵姿があります。

ざっくり訳すとこんな感じ。

EXTRA! EXTRA!

ジェシカ・ラビット、トゥーンタウンの新しい私立探偵になる。

トゥーンパトロールのイタチが復活したことで、ミッキーのトゥーンタウンで犯罪が急増していることを受け、ジェシカ・ラビットはそろそろ自分のフェドラ帽を投げ出して、私立探偵を始めるべきだと決めました。長年の友人であり、トゥーンの伝説的な探偵であるエディ・バリアントからインスピレーションを受け、ジェシカは自分が本気であることを示します。

ジェシカの有名な女優としてのキャリアは、マルーン・カートゥーンのパフォーマー・ファミリーの中で最も有名なスターの一人となっています。今、彼女はそのキャリアを利用して声を上げています。

先週、ジェシカは「もういい加減にして」と叫んでいました。「善良なトゥーンたちは、夜になると怖くて外に出られなくなっています。状況は日に日に悪化しています。あのイタチたちは何か大きなことを企んでいる……私はそれを見つけ出して、止めを刺すつもりよ!」と。

イタチどもよ気をつけろ!お前らの恐怖の支配は終わる!

ディズニーは伝統を守るよりも、伝統をアップデートする方向にかじを切っています。下記記事もあわせて。

タイトルとURLをコピーしました