ディズニーのダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンを具現化 『Reimagine Tomorrow』プロジェクトスタート

ディズニーは本気です。

ウォルト・ディズニー社は2021年9月1日、新たなデジタル・デスティネーションとして『Reimagine Tomorrow』を立ち上げました。これは社会的に認められていない声、知られていないストーリーを広めるための、ディズニーによる大規模なプラットフォームです。

Reimagine Tomorrowは、多様性、公平性、そしてインクルージョンに対するディズニーのコミットメントに基づいたもので、ディズニーの従業員が全社的に行ってきた行動やイノベーションを反映したプログラムです。

LINK: Reimagine Tomorrow(2021年9月3日現在日本からは見られず)

ウォルト・ディズニー・カンパニーのシニア・バイス・プレジデント兼チーフ・ダイバーシティ・オフィサーであるLatondra Newton氏は、「ディズニーのダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンに対する長年のコミットメントを具現化し、私たちの志の範囲に光を当てる取り組みである『Reimagine Tomorrow』を紹介できることを嬉しく思います。Reimagine Tomorrowは、当社の従業員、コミュニティパートナー、ファンがアクセスできるデジタルコンテンツで、当社の取り組みの進展に合わせて進化していきます。私たちの意図は、すべての人が自分自身や自分の人生経験を意味のある形で表現できるようにすることです」と述べています。

ディズニー社による紹介では、Latondra Newton氏のインタビューも掲載されています。

LINK: Disney Launches Digital Destination to Amplify Underrepresented Voices – The Walt Disney Company

Opinion: From the “D”post

最初のツイートからしばらくメインサイトが見られないと思ったら、まさかの地域制限……。そこに関しては非常に非常に残念です。

そのため、詳細に関してはなんともいえないところですが、ツイートに付けられているメインの動画、途中で子どもが目にするディズニー作品のシーンたちが、ダンボのカラスやピーター・パンのインディアンなど、これまで問題だとされていたものだけが集められており、初見時にドキッとしました。ただ、それでも『南部の唄』のシーンは出さないあたり、この映画がどれだけ問題なのかも浮き彫りになったわけで……。

LINK: Disney+ Advisory – Stories Matter | The Walt Disney Company

関連記事はこちら。

タイトルとURLをコピーしました