オリエンタルランド吉田社長、就任に合わせ初会見を実施 …

オリエンタルランド吉田社長、就任に合わせ初会見を実施。各新聞媒体がインタビューを行っています。気になる発言をピックアップ。

6月29日に就任した吉田社長は「入園者増加のみに依存する経営は課題」と指摘。コロナ下で収益を改善するため、入園料の値上げのほか、「商品やフード(飲食)の単価を向上させていきたい」と述べた

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021070101123&g=eco

LINK: 満足度高め値上げへ 吉田オリエンタルランド社長:時事ドットコム

吉田社長は経理部門での業務経験が長かったこともあり「今季はまだ第1Q(四半期)が終わったばかり、今季の黒字を目指す方針は変わりない」と経営再建へ向けて取り組む考えを示した。

単純な入場料の値上げについては否定的で「ワクチン接種での沈静化には期待したい」と話した。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202107010000710.html”

入社は1984年。大学4年生だった同年5月に開業したばかりの東京ディズニーランドを訪れ、入社する確信を持ったという。

最初に配属されたのはレストランを運営する食堂部だった。質疑応答前には「パーク内でどんな食べ物が好きですか?」と集まった記者に逆質問する気さくな一面を見せ、自分の好きな食べ物については「東京ディズニーシーの和食レストラン『さくら』のとんかつは食べていただきたい。チルド冷蔵した豚肉で、そのおいしさを衣に封じ込めています」とアピールした。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202107010000710.html”

LINK: TDR新社長が初会見「どんな食べ物が好き?」記者に逆質問気さくな一面も – 社会 : 日刊スポーツ

吉田社長は「今のような人数制限が長引くと厳しいが、20年10~12月期に営業黒字を達成した実績を持っているという自負はある」と話す。当時と比べプログラムの再開などでコストもかかっているが、「現時点で22年3月期の黒字化の目標は取り下げない」と語った。

入園者数の増加だけに頼らない収益構造に向け、今後は入園者1人あたりの売上高の向上も目指す。21年3月からチケットの変動価格制を導入したほか、今後はパーク内で提供する飲食類や商品の単価の向上も進める考え。「単純に単価をあげるのではなく、体験価値として何が求められているのか、何を提供すれば満足してもらえるかという視点で考えていきたい」と話した。

LINK: オリエンタルランド吉田新社長、「黒字目標取り下げず」: 日本経済新聞

Opinion: From the “D”post

やはり「今後は入園者1人あたりの売上高の向上も目指す」というのがポイントなのではないかと。株主総会で確認したいところをちゃんと押さえてくれたのでありがたい。

そして「入社は1984年。大学4年生だった同年5月に開業したばかりの東京ディズニーランドを訪れ、入社する確信を持ったという」ということからは、結構ゲストの気持ちを理解できる方なのではないかと思っています。とかくネットではすべての関係者が悪く言われがちですが、戦犯とみる理由は私には全く分からない(じゃあなんで同じメニュー施策であれだけ人気のサダハルアオキコラボは彼の手柄とは言われないのか……)ので、これからの手腕に期待したいと思います。

LINK: トップメッセージ | オリエンタルランドについて | 株式会社オリエンタルランド

タイトルとURLをコピーしました