前に進み続けよう——“SCSE”をアップデートし新たな行動規準『The 5 Keys』を発表

SCSEが“SCISE”に。

LINK: A Place Where Everyone is Welcome | Disney Parks Blog

大きな変化です。これまで多くの人に知られてきていたディズニーにおける行動基準“SCSE”がアップデートされたことが発表されました。既にキャストメンバーに向けては発表のあったもので、それが今回、ディズニーランド・リゾート再開にむけ一般にも公開された形です。

SCSEとは、ディズニーにおける(主にテーマパークで展開している)行動基準で、

  • Safety(安全)
  • Courtesy(礼儀正しさ)
  • Show(ショー)
  • Efficiency(効率)

を指します。SCSEはこの順番に重要とされ、安全がなければ礼儀正しさもショーも効率もない、ということが、世界で働くキャストたちに共通した規範として存在します。

LINK: 行動規準「The Four Keys~4つの鍵~」(東京ディズニーリゾート) | 安全・安心の確保(テーマパークの安全) | CSR情報 | 株式会社オリエンタルランド

今回、この中に新たなキーとして『Inclusion』がCとSの間に追加されます。Inclusionの正式な日本語名称はまだ未発表ですが、包括的を意味する言葉であり、多様性を受け入れ、どんな要素があっても隔離せず、一丸となって取り組むということを指しています。

公式の動画では、新たな鍵である『Inclusion』を押し進めるべく、スプラッシュ・マウンテンにおけるテーマ変更やジャングルクルーズのリイマジニングなどを展開すると述べています。

SCISEのアップデートに伴い、ディズニー・ルックのアップデートも行われています。ヒジャブなどの着用、部分的なタトゥーも認められるようになりました。

https://disneycasting.net/downloads/wdpr/Disney_Look_Book.pdf

LINK: Disney Look

LINK: 米ディズニーが従業員に「タトゥー」を許可、多様性を推進 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

この新たな鍵である『Inclusion』は、2019年にキャストメンバーが100を超えるアイデアを発案し、その一つが採用となったもの。かつてウォルトは“We Keep Moving Forward”(前に進み続けよう)と述べています。これまで伝統であり、不可侵領域とも思われた“SCSE”にもメスが入り、パーク部門全体が一丸となって大きな1歩を踏み込んで、新たな5番目の鍵を追加した形となります。

公式パークブログでは、Disney Parks, Experiences and Products部門のチェアマンであるジョシュ・ダマロ氏がその意味を自らブログ記事として公開しています。

LINK: A Place Where Everyone is Welcome | Disney Parks Blog

こちらでは、世界のアンバサダーたちが5つの鍵を紹介しています。もちろん現東京ディズニーリゾート・アンバサダーの野口歩美さんも登場しています。

LINK: Walt Disney World AmbassadorsはInstagramを利用しています:「We are so excited to join our fellow Disney Ambassadors in sharing the Key of Inclusion as we continue to strive toward creating a place…」

LINK: ソーシャル・レスポンシビリティ|ディズニー|Disney.jp|

追記:

ディズニーランド・パリでも新たな鍵が紹介されています。

LINK: Disney Parks Add ‘Inclusion Key’ to Cast Member Training – DisneylandParis News

タイトルとURLをコピーしました