ディズニー、20世紀フォックスのアニメーション部門「Blue Sky Studios」を2021年4月に閉鎖(update)

これまでアイス・エイジシリーズを手掛けていたスタジオです。

LINK: Disney Closing Down Blue Sky Studios, Creators Of ‘Ice Age’ – Deadline

Deadlineは特報として、ウォルト・ディズニーが20世紀フォックスのアニメーション部門「Blue Sky Studios」を2021年4月に閉鎖すると伝えています。Blue Sky Studiosはこれまで『アイス・エイジ』シリーズや『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』などを手掛けてきたスタジオで、最新作/最終作は日本ではディズニープラス配信のみだった『Spies in Disguise』(スパイ in デンジャー)でした。

これまでのブルースカイスタジオ作品のIPはディズニーに残されます。なお、同スタジオが2022年1月14日公開予定だった『Nimona』は制作が中止となります。

LINK: Home : Blue Sky Studios

現時点でのディズニー作品配給・公開スケジュールはこちらをどうぞ。

LINK: ディズニー配給・関連映画公開スケジュールまとめ

追記:2021年4月8日

スタジオからのメッセージが公開されています。

タイトルとURLをコピーしました