WDW、空港からの無料送迎バス「ディズニー・マジカル・エクスプレス」を2022年1月1日に廃止 今後のサービス展開を発表(update)

これはちょっと大きな変化、なのですが……。

LINK: A Look Ahead at Walt Disney World Resort | Disney Parks Blog

ウォルト・ディズニー・ワールドは2021年に50周年を迎えます。COVID-19の影響で運営が限定的になっていることに加え、2021年1月1日からはMagicBandの無料配布も終了するなど、運営が変わってきている状況ですが、今後1年間でも変化することが公式ブログで発表されました。

パークホッパーオプション再開:2021年1月1日〜

まずはパークホッパーオプション。1月1日からパークホッパーオプションが限定的に再開されています。Epcotでは2月22日まで「Taste of EPCOT International Festival of the Arts」が開催されているのに加え、3月3日からは「Taste of EPCOT International Flower & Garden Festival 」がスタート予定。

バケーションオファーを実施:2021年1月8日〜

加えて、4泊以上の予約をすると2日分のチケットが付いてくるオファーを実施中。詳細は下記を。

LINK: Special Offers, Deals & Discounts | Walt Disney World Resort

Early Theme Park Entry:まもなくスタート

そして新たなスタイルのアーリーエントリープログラムがまもなくスタートします。「Early Theme Park Entry」は2021年末にスタートするリゾート50周年に向けゲストに提供されるもので、ウォルト・ディズニー・ワールドのオフィシャルホテルに滞在するゲストはすべてのパークに毎日、30分早く入園できるというものです。

なお、休園前まで提供されていたプログラム「Extra Magic Hours」はCOVID-19の影響で、従来の形での再開はありません。今回再開されるプログラムにおいても、事前に「Disney Park Pass」での入園予約が必要です。

Disney’s Magical Expressサービス終了:2022年1月1日〜

そして最も大きな変化は、オーランド国際空港からリゾートホテルへの無料送迎バス「Disney’s Magical Express」が2022年1月1日をもって終了するということです。これまでは空港に併設された専用のバスターミナルから、ホテルまでを分かりやすい動線で移動できたサービスでしたが、2022年1月1日以降はすべてのゲストが別途レンタカーやタクシーなどを用意する必要があります。

Disney Magical ExpressはMearsが運営していますが、運営元からもコメントが出ています。

Mears Transportation, which operates Magical Express, sent the following statement regarding Monday’s announcement.

“Walt Disney made us aware of their decision,” Mears spokesperson Roger Chapin said. “While we are disappointed Disney will no longer offer this service, we intend to continue offering transportation services between the airport and all area theme parks and hotels to meet the demand of our visitors now and in the future.”

https://www.mynews13.com/fl/orlando/attractions/2021/01/11/disney-world-to-end-magical-express-bus-service-

LINK: Disney World to End Magical Express Bus Service

LINK: UPDATE: Mears Issues Statement on Disney’s Magical Express Service Suspension, Will Continue Providing Transportation to Walt Disney World Resort – WDW News Today

Opinion: From the “D”post

これは非常に厳しい……。レンタカーで運転できる人は問題ないとは思いますが、シャトルバスが無くなったカリフォルニア ディズニーランド・リゾートレベルではないにせよ、初心者に厳しい状況になりました。とはいえ、フロリダ側はUber/Lyftなどのライドシェアが簡単に利用できる上に、有料のシャトルバスサービスも残っているはずなので、海外旅行中級者以上にはそんなに影響はないかもしれません(短期的にはPCR検査などが必須であるため、全てひっくるめたパックツアーを選択するのが良いはず)。

また、2022年というと、いまのところ空港からDisney Springsへの鉄道が開通している可能性がほんのりあります(1月1日は間に合わないと思うけど)。環境問題に非常に厳しいディズニーのことなので、CO2排出の要因となるバスを縮小する(あと人員削減と事故防止の意味でも)方向性は、なんとなく鉄道の開通を前提としているような気はしています。そうなると空港からのターミナルとなるDisney Springsから、Disney Skylinerでさらに移動という流れになるはずで、これに関してもそのうち発表があるといいなと思っています。

ただ、Disney’s Magical Expressを運営するMearsも非常に厳しい状況にあり、レイオフの報も出てきています。それを考えると、持続可能な移動手段がディズニーとしても欲しいはずなんですよね。バスに比べれば鉄道のほうが効率いいだろうからなあ。

https://dpost.jp/2020/08/17/wp-58053/

LINK: Walt Disney World and Brightline Enter Into Agreement Regarding Brightline Station at Disney Springs | Brightline

追記:2021年4月9日

有料の後継サービスが発表されました。

タイトルとURLをコピーしました