白雪姫公開83周年、DLRアトラクションは『Snow White’s Enchanted Wish』にアップデート

『Snow White and the Seven Dwarfs』は1937年に公開されました。7人のこびとだから193“7”と覚えるといいです(ちなみに3匹の子ぶたは193“3”年公開) 。

1937年12月21日はディズニー初の長編アニメーション作品『白雪姫』の公開記念日です。この記念日に合わせ、米ディズニーランドのアトラクションアップデート情報が公開されました。『Snow White’s Scary Adventures』としてパークオープン当初から存在したアトラクションは、最新技術を用いてハッピーエンドのシナリオにアップデートされた『Snow White’s Enchanted Wish』に生まれ変わります。

今回、その内部が初めて公開されました。

LINK: First Look of Snow White’s Enchanted Wish at Disneyland Park | Disney Parks Blog

Opinion: From the “D”post

『Snow White’s Scary Adventures』は2020年1月にいったんクローズしており、ハッピーエンドに変更した新アトラクションになると予告がありました(当初は2020年7月17日再開予定でした)。現地でもアトラクション名は伏せられており、新たな名前が付けられると予想されていました。

今回のYouTube動画および記事内のTikTok動画を見ると、アトラクション内のプロップにはDynamic Environmentやプロジェクションが多用されており、クラシックながら最新の技術が投入されていることが分かります。そしてさすがにまだそのハッピーエンド部分に関しては伏せられており、期待が高まります。

現在ディズニーランド・リゾートはCOVID-19による臨時休園が続いており、カリフォルニアの状況を考えると当分再開は難しそう。しかし再開すればアベンジャーズ・キャンパスを含め新要素が一気に展開されることになり、これこそCOVID-19を押さえつけた象徴としてディズニーランドに集まるのではないかと思っています。楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました