【噂】マンダロリアンChapter 13に登場のMorgan Elsbeth、出生に秘密あり?(ネタばれあり)

【噂】マンダロリアンChapter 13に登場のMorgan Elsbeth、出生に秘密あり?(以下、マンダロリアンシーズン2に関するネタばれに触れます)

LINK: The Mandalorian’s Magistrate Is One of the Last Survivors From a Classic Star Wars Planet

ひとまず噂レベル以下で。マンダロリアンChapter 13:The Jediに登場した圧制者、Morgan Elsbethを担当したヘアスタイリストが、彼女を指して「(惑星)ダソミアの生き残り」とInstagramに投稿したことが話題になっています(その後該当記述を削除)。

LINK: According to the hairstylist for the Mandalorian, Morgan Elsbeth/the Magistrate is one of the last survivors of Dathomir. : StarWarsLeaks

もしこれが本当だとすると、ダソミアというナイトシスター(魔女)を中心とした惑星に話がつながり、その星で生まれたモール(後のダース・モール)のストーリーにつながったり、ダソミアの生き残りのナイトシスターで、ジェダイとともに活動するナイトシスター・メリンにもつながる可能性があると、ファンの間で盛り上がっています。

Opinion: From the “D”post

チャプター13はあのアソーカ・タノがとうとう実写として登場したことで話題になっていましたが、さまざまな隠し球がありました。

実際はそれ以外にもディズニー・レジェンドがもう一つの夢を実現していたり、スローン大提督の生存(≒エズラの生存)が示唆されていたりと非常に話が広がるエピソードでした。さらにアソーカ・タノはThe Childの処遇について、惑星タイソンにジェダイの生き残りがいることを伝えています。時間軸的にはエピソード6の後であり、エピソード3で描かれたジェダイの粛正「オーダー66」を生き残ったジェダイは、正史では数えるほどしかいないはず(ちなみに外伝扱いのレジェンズにおけるオーダー66生き残りジェダイの中にはこの人もいる)。

そして正史の生き残りとして描かれているジェダイナイトの一人が、上記ナイトシスター・メリンとともに行動している(はずの)カル・ケスティスです。

LINK: 「Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー™」 – Star Wars™アクション・アドベンチャーゲーム最新作 – EA公式サイト

カル・ケスティスはゲーム『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』の主人公。このお話しはエピソード3と4の間であるため、マンダロリアンの時間軸(エピソード6後)とは少々異なるものの、生き残りのジェダイとして描かれているだけでなく、シナリオ内では散らばったフォース感応者のリストを追いかけているとしており、The Childもその中に含まれていた可能性があります。

不思議だったのは、ゲーム自体は結構前にリリースされたものであるにもかかわらず、つい最近このカル・ケスティスにフォーカスが当たったんですよね。それがこれ。

2020年末にこのカル・ケスティスのライトセーバーが、Star Wars: Galaxy’s Edgeにて発売されることが発表されたのは本当につい最近。これらがすべてリンクしていると考えると、映画以外の「クローン・ウォーズ」「反乱者たち」をつなげてきたマンダロリアンが、また一つ正史をつなぐことになるかもしれません。すげえなジョン・ファブロー&デイブ・フィローニ。これがうまくいけばこれらキャラクター全員(およびシーズン2第1話で生存が確認されたアイツも)Star Wars: Galaxy’s Edgeに出せるぜ!

知らんけど(お約束)。

タイトルとURLをコピーしました