Epcot大規模改修『Remy’s Ratatouille Adventure』『Harmonious』ほか新情報公開

Epcot大規模改修『Remy’s Ratatouille Adventure』ほか新情報を公開しました。

LINK: D23 Fantastic Worlds Celebration: EPCOT and the Magic of Possibility | Disney Parks Blog

オンラインで開催中のイベント「D23 Fantastic Worlds Celebration」にて、「EPCOT – The Magic of Possibility」が配信されました。

EPCOT – The Magic of Possibility

この中では、エプコットにて行われている大改修において、いくつかの新情報が登場しています。

「工事中の壁」ではなく……

いきなり余談ですが、イマジニアの中では現在エプコット内に立ち並んでいる壁は「工事中の壁」(Constraction Wall)ではなく、「進歩の壁」(Progress Wall)と呼んでいるとのこと。また、今回の変化の中でエプコットは新しいフォントに置き換えを進めていますが、このフォントの名前は「World Bold」だとのこと。そして新たなカラースキームがさまざまなところで導入されています。

エントランスとなるWorld Celebrationでは新たなモニュメントも設置され、さらに夜にはこのモニュメントと背後のスペースシップ・アースに対して新たなライティングが施されることも発表されました。

新たな内部写真を公開

新要素であるアトラクション『Remy’s Ratatouille Adventure』や『Guardians of the Galaxy: Cosmic Rewind』、レストラン『Space 220』の内部が改めて公開されています。

そしてナイトスペクタキュラー「Harmonious」の現状も。巨大な中央バージは東京ディズニーシー版ファンタズミック!で使われたようなウォータースクリーンとして活用されるだけでなく、昼間は広大なラグーン内にて噴水として活用されるとのことです。

レミーのアトラクションはディズニーランド・パリ準拠

後半はピクサーのクリエーターとともに、2021年オープン予定のフランス館アトラクション『Remy’s Ratatouille Adventure』に関するディスカッションが行われました。この中では本家フランスに存在するディズニーランド・パリの『Ratatouille: L’Aventure Totalement Toquée de Rémy』と比べて特筆すべき点として、アトラクション周辺の作り込みを語っていました(裏を返すとアトラクションそのものに違いはないっぽい)動画を見てほしいんですがグストーの看板はスクリーンになっていてアニメーションするのがすごいです(これもパリ同様)。

また、併設されるレストラン「La Crêperie de Paris」も2021年にオープンします。セレブリティシェフ、ジェローム・ボキューズ氏によるメニューを楽しめる、テーブル/クイックサービスレストランです。

LINK: Historic Transformation of Epcot Continues at Walt Disney World Resort | Walt Disney World News

タイトルとURLをコピーしました