『ゲボイデ=ボイデ』や『ミッキーマウスのワンダフルワールド』が登場 ディズニープラス2020年11月配信作品

20世紀スタジオ作品もたくさん登場します。

LINK: 今月のおすすめ動画ラインナップ|Disney+ (ディズニープラス) 公式

ディズニープラスは11月の配信予定作品の詳細を発表しました。期待されている短編作品や20世紀スタジオ作品が多数含まれております。

11月6日:ザ・シンプソンズs7〜8

20世紀アニメーションの『ザ・シンプソンズ』シーズン7,8、各25話が日本でも配信されます。

11月13日:ゲボイデ=ボイデが登場

先に発表のあったファイアボールシリーズ最新作『ゲボイデ=ボイデ』が全10話で配信開始。5話ずつの配信で後半は12月11日より配信予定です。

「ファイアボール」シリーズ最新作『ゲボイデ=ボイデ』配信&放送決定

11月17日:レゴ・スター・ウォーズのホリデースペシャルが登場

『LEGO スター・ウォーズ/ホリデー・スペシャル』が日本でも配信されます。時間軸的にはエピソード9のあと(といってもレゴ側の時間軸なので……)。

11月18日:ミッキーマウスのワンダフルワールドがバースデーに日米同時配信

ミッキーのバースデーを記念してスタートする新章『ミッキーマウスのワンダフルワールド』が日本でも同時配信となりました。ディズニープラスオリジナルの短編シリーズで、『ミッキーマウス!』のスタッフが継続して担当します。個人的にはむちゃくちゃ楽しみ。11月18日に2本、27日以降毎週2本の新作が公開される予定。2020年は計10本の新作短編が公開され、さらに10本が2021年夏に公開予定です。

11月20日:ピクサーの舞台裏、X-MENシリーズ、グレイテスト・ショーマンなど

20世紀スタジオ作品が多数登場。MCUではないマーベルシリーズからは『X-MEN』『X-MEN:アポカリプス』『X-MEN:フューチャー&パスト』『ウルヴァリン:SAMURAI』『ファンタスティック・フォー(2015)』『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』が配信に追加されます。また人気の『グレイテスト・ショーマン』もライブラリに加わります。

また『ピクサーの舞台裏』(原題:Inside Pixar)全20話も配信開始です。

Inside Pixar | Official Trailer | Disney+
Coming This November | Disney+

11月27日:マーベル616、マーキュリー・セブンドキュメンタリーなど

日本においても11月27日から『マーベル616』の配信が決定しました。第1話が東映版スパイダーマンというのが話題です。

Marvel's 616 | Official Trailer | Disney+

また、現在配信中の『マーキュリー・セブン』(原題:The Right Stuff)の舞台裏を描くドキュメンタリー『マーキュリー・セブンの真実』を日本初配信します。

そのほか、既配信のシリーズの新エピソード配信予定は下記の通りです。

タイトルとURLをコピーしました