ねとらぼに東京ディズニーランド大規模開発エリアのレポート(プラスα)を寄稿しました

遅くなりました。

LINK: お待たせ! 東京ディズニーランドに新ファンタジーランドがやってきた 一足早く見てきたよ (1/2) – ねとらぼ

去る9月25日、東京ディズニーランドの新ファンタジーランド、トゥモローランド、トゥーンタウンにまたがる大規模開発エリアのプレスプレビューが開催されました。こちらのレポートを公開いただきましたのでぜひどうぞ。というよりも、同行しているもうひとかたのライターさんのほうが詳細な記事をたくさん(写真もたくさん)公開していますので、むしろこちらをどうぞ。もう速報いらなくね……?

From the “D” post

ここからが本題です。当初の記事にこんなのを入れました。

本当はここで映画「美女と野獣」に人生を狂わされた自分語りをしたいところですが……そんな人間も今回のエリアに満足しているとだけお伝えしておきましょう。

これ、実は本当に4000文字ほどの自分語りを書いてまして、その後むちゃくちゃ冷静になって全部消したんですよ、原稿から。それは間違いなく正しい選択というかそのままやっても普通編集部がカットします。

その残骸

記事公開後にそんな話を編集の方としていたら、副編集長さんが「それ、一度見せてくださいよ」というではありませんか。しかしまだ見せられるような内容ではないので、再度書き直して見てもらって、ダメならdpost.jpに公開しようかな……と思ったら、ちゃんと拾ってくれました。照れる……。

LINK: 「美女と野獣」に人生を変えさせられた男が、最恐アトラクション「美女と野獣」に感じたこと – ねとらぼ

正直言うとここにも書いてないことがたくさんあって、例えば「Come into the Light」問題とか「Human Again」問題とか。その辺はちょこっと触れている記事もあるので下記をどうぞ。「Come into the Light」問題的には今回のアトラクションは100点満点です。

「Come into the Light」問題(長編アニメ版は「永遠に残れ」っていう“stay here forever”に対し、イエスともノーとも言えずに迷ったあげくの台詞で絞り出すかのようにやっと出てきたセリフが直接の答えになっていない”Come into the light”。でもそれ以外のバージョンではなぜか明るくセリフを話すという問題)に関しては、もう一度実写版を見直しましたけど、ここの部分が特に現代版アップデートがかかっていて非常に興味深いです。そもそもベルが問い詰められていない。選択を迫っているのは野獣ではなくベルになっているかのような点が実写版超良いです。別ものだけど。

ということで、お時間のある時にぜひどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました