マーベル『Black Widow』やはり再延期 MCUフェーズ4の3作品が公開時期変更(update)

やはり……

LINK: Marvel Studios’ ‘Black Widow’ and More Receive New Phase Four Release Dates | Marvel

マーベルはMCUフェーズ4の各作品の公開時期を延期することを発表しました。当初は5月に日米同時公開を予定していた「ブラック・ウィドウ」は、11月に延期になっていましたが、これが2021年5月7日に再延期されました。これに伴い、「Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings」は2021年7月9日に、「Eternals」は2021年11月5日に公開日が延期となっています。

Marvel Studios' Black Widow | Final Trailer

今回の変更により、エンドゲーム後のMCUの第4期はDisney+の「ワンダビジョン」からスタートすることになります。

現時点でのディズニー作品配給・公開スケジュールはこちらをどうぞ。

LINK: ディズニー配給・関連映画公開スケジュールまとめ

追記:2020年9月29日

日本における「ブラック・ウィドウ」公開も2021年4月29日に延期となりました。これは本国公開よりも早いタイミングです。

「ブラック・ウィドウ」2021/4/29(木・祝)公開 スカーレット・ヨハンソン主演

From the “D” post

ひとまず噂の一つは現実に。

次の大予算映画は『ナイル殺人事件』(2020年10月23日)、そして『ソウルフル・ワールド』(2020年11月20日)なのですが、果たしてソウルフル・ワールドは予定通り公開されるのか、延期なのか、それとも配信限定となるのか非常に気になります。→と思ったら20世紀スタジオ作品も延期になってました。ナイル殺人事件は2020年12月18日へ、ウェストサイドストーリーは2021年12月10日です。

LINK: ‘Black Widow,’ ‘West Side Story,’ ‘Shang-Chi’ Postpone Release – Variety

タイトルとURLをコピーしました