ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムの公式アプリでウォルトを知るツアーを体験する(日本語で)

これ、いまのいままで気が付いてなかった!

ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム

サンフランシスコ、ゴールデンゲートブリッジの近くにあるウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムをご存じでしょうか。ウォルトの娘であるダイアン・ディズニー・ミラーさんが創設した、ウォルトを(≠ディズニーを)中心に添えた博物館です。

ウォルトの生涯を記す貴重な資料を展示するこのミュージアムは、ウォルト大好きっ子にとっては非常に魅力的な場所で、ウォルト史を少々学んだ方ならば確実に心を射抜かれるはず。おそらくはアナハイム旅行にあわせて行く方も多いと思うのですが、いかんせんパークからは離れているのでなかなか踏ん切りが付かないという声も。私も2015年にはじめてここを訪れましたが、知ってはいるけどなかなか行く機会がない場所でした。

LINK: The Walt Disney Family Museum

そのウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムですが、公式アプリがリリースされていることに最近気が付きました。そしてその内容が大変素晴らしいです。まずインストールしちゃいましょう。

LINK: ‎The Walt Disney Family Museum on the App Store

LINK: The Walt Disney Family Museum – Apps on Google Play

日本語によるメインギャラリーツアーが!

もう章タイトルですべて語った感がありますが、なんとこのアプリではウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアムのメインギャラリー(常設展)における音声ガイドがすべて、日本語で、無料で公開されています。本稿執筆時点では残念ながらCOVID-19の関係で休館中ですが、これを聞けば日本に居ながらにして同館を体験することができるのです。

ギャラリーツアーは本館1階、2階の15のギャラリースペースを紹介する音声が含まれており、トータルで約1時間もの長さ。日本語のナレーションはネイティブな内容で非常に聞きやすいです。そのインデックスは下記の通り。

  • 00.ようこそ
  • 01A.生い立ち
  • 01B.独り立ち
  • 02A.ハリウッド
  • 02B.オズワルド、ミッキー、そしてウォルト・ディズニー・スタジオ
  • 03.新たな発展
  • 04.長編映画の世界へ
  • 05.新たな事業
  • 06.人生最大の苦難
  • 07A.戦後の制作活動
  • 07B.ウォルトとディズニー家のコレクション
  • 08.ウォルトと自然
  • 09A.50年代、60年代の映画界とその後
  • 09B.ウォルト最後の仕事
  • 10.エピローグ

内容はオーディオのみではありますが、これを聞きながら公式サイトのイメージを見ることで、おおまかな内容はつかめるはずです。なお、音声データはあらかじめスマートフォンにダウンロードするので、通信環境がなくても聞けるようになっています。

LINK: Galleries | The Walt Disney Family Museum

From the “D” post

ざっと聞いてみました。この内容は簡潔に“ウォルト史”を紹介する、非常に良質なコンテンツだと思います。以前ディズニーを知るための本を紹介しましたが、その筆頭として体験すべき内容かもしれません。本を読むより理解が早いと思います。田組fmなんかを聞くよりこっちが先(真顔)。

先に記したリストのように、ウォルトの誕生からミッキーの創造、長編映画制作を経て戦争を体験し、しっかりと労働紛争の話も触れつつ、ディズニーランドへの取り組みや万国博覧会、“ディズニー・ワールド”についてを解説します。これを1時間でサクッと知ることができるのはとても素晴らしいです。しかも無料で、日本語で。いいのかこれ。本当にいいのかこれ。

このコンテンツは、実際に現地で提供されている音声ガイドをそのままアプリ化したもので、識者による監修が入っているとのことで、内容も太鼓判です。意図していたのかそうでないのか分かりませんが、個人的にはウォルト・ディズニー・ワールドではなく“ディズニー・ワールド”表記になっているのはスゲエと思いました。ウォルト存命中はディズニー・ワールドというプロジェクトであり、ウォルト亡き後にロイが“ウォルト”を付け加えているので、この2つの明確に分けたとするならば非常に厳格な監修が入っていると思いました。普通これ日本語化したときに抜け落ちますからね。そういう意味ではむちゃくちゃクオリティが高いコンテンツです。

しかもこれ、ダウンロードできるので、飛行機の中の手持ち無沙汰な時間を、ウォルト史の予習に使えるんですよ。なのでいまはなかなか想像しにくいですが、いまの騒動が収束して海外に行けるようになったときには、このアプリをあらかじめダウンロードしておいて(音声ガイドもしっかりダウンロードした後)、飛行機に乗り込んでしっかり聞いておくと、パークの体験も大きく変化するのではないかと思っています。

もちろん、サンフランシスコにあるファミリー・ミュージアムそのものを体験するのがお勧めではありますが、この音声ガイドは決してネタばれ的な、体験をスポイルするものではありません。なので、ファミリー・ミュージアムに行く前の予習としても非常によいと思います。ボブ・トマスの「ウォルト・ディズニー」を読んだあとに、読む前にこのコンテンツを体験しておくのも良いでしょう。

いやー、ウォルトを学ぶためのアイテムとして、誰にでもお勧めできるものが登場したのがすごくありがたいです。本気で“ディズニーマニア”になりたいと思うならば、まずこのアプリのツアーガイドを聞いてみることをお勧めします。寄付したほうがいいっすかねこれ。

LINK: Donate | The Walt Disney Family Museum

すぐそばにあるパレス・オブ・ファイン・アーツは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの「Golden Dreams」(現Ariel’s Undersea Adventure)のもとになった建物。
そしてルーカスフィルムもすぐそばにあります。
タイトルとURLをコピーしました