ウォルト・ディズニー・ワールド史上最強の“ファミリーライド” 「Mickey & Minnie’s Runaway Railway」を体験してきた

2020年3月4日オープン、ディズニー・ハリウッドスタジオの新アトラクションにして史上初のミッキー“ライド”、Mickey & Minnie’s Runaway Railwayのプレスプレビューが開催されました。

LINK: ミッキー史上初のライドアトラクション、米ウォルト・ディズニー・ワールドに登場 アニメの世界に入り込め! – ねとらぼ

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのディズニー・ハリウッドスタジオにて、2020年3月4日新たなアトラクション「Mickey & Minnie’s Runaway Railway」がオープンします。それに先駆け、プレス向けにプレビューが開催されました。まずはその様子をねとらぼにて!

From the “D” post

では、ねとらぼに書かなかったことを。

このアトラクション、シンプルな造形なだけに忌避されてきたミッキーマウスという表現しにくい難題をライドスルーアトラクション化した、興味深いアプローチのアトラクションだと思いました。この3か月前にはダークライドの究極系「Star Wars: Rise of the Resistance」が登場していて、その2つがディズニー・ハリウッドスタジオで体験できるようになっていて、その差が本当に面白いです。

アプローチは全く違いますし、その体感も力のRise of the Resistance、技のMickey & Minnie’s Runaway Railwayという印象で、前者は誰が見てもすごい、後者は一見たいしたことをしてないように見せて、実はすごいことしてますよね?という感じです。何度も乗りたいという意味ではMickey & Minnie’s Runaway Railwayのほうが上かもしれないほど。何よりも重要なのは、Star Wars: Rise of the Resistanceは“スリルライド”ですが、こっちは“ファミリーライド”で、老若男女問わず誰もが楽しめるということです。これだけでも、Mickey & Minnie’s Runaway Railwayは語るべき価値があると思います。例えばユニバーサルのハリー・ポッターライドとか本当にすごいと思うんですけど、あれは激しすぎて乗れない人も出てきてしまうわけです。その点、このMickey & Minnie’s Runaway Railway(や上海版カリブの海賊)は誰でも乗れますからね。

ディズニーパークスの歴史的転換点ともいえる2つのアトラクションがたった1つのパークにある(人気のスリンキードッグのローラーコースターもある)のは本当にすごいことです。


そして、かなり踏み込んだFun Factが出ています。これは1回目の体験前には読まないほうがいいかも。

LINK: Mickey & Minnie’s Runaway Railway – Fun Facts | Walt Disney World News

ディズニーマニアがこのアトラクションを体験すると、多分いくつかは気がつけると思うんですよね。これ見よがしに登場する数字とか、パークでよく見たような衣装とか。しかしそれだけじゃなく、本当に気がつくのこれ?というところにも隠し要素が多数あって驚きます。多分上記Fun Factsもまだ出てないのいっぱいあるよこれ。ライドに数回乗ったあとに「Great Moving Ride」(かつてここにあったアトラクション「Great Movie Ride」のパロディ)のポスター見つけたときはヒィッってなった。外にも絶対いっぱいある。

やっぱりミッキーマウス!シリーズは見ておくと良い

また、同時に「Mickey Short Theater」もオープンします。

ディズニー・ハリウッドスタジオ「Mickey Short Theater」

こちらはここ、ディズニー・ハリウッドスタジオでのみ公開という(本物の)新作短編で、Mickey & Minnie’s Runaway Railwayとの関わりはないのですが、ミッキーがバケーションに出発するというところから始まる、20分ほどの中編作品になっています。まあポスター見るとだいたいなにが起きるか想像つくんじゃないかと思いますが、ミッキー短編を知る入り口的なものでした。

新作短編「Vacation Fun」

また、シアターの出口には3つのフォトロケーションがありまして、特にあの「ポテトランド」フォトロケは熱いですね。そういう意味ではできればポテトランドだけでも見ておいてほしいです。パークをパロディしたミッキー短編がパロディになってパークに環流するのすごいです。

Potatoland | A Mickey Mouse Cartoon | Disney Shorts

そのほか、気になるグッズも。Wishablesがブラインド販売で困る。

そして、今回プレス向けにいわゆる「ドローイングクラス」が開催されました。題材は今回のほうの「ミッキーマウス」。描き方がこれまでのミッキーと全く異なり、ちょっと面白い体験でした。

ディズニー・チャンネルで実際に「ミッキーマウス!」を描いていた方によるドローイングクラス

オープニングセレモニーを開催

オープン前日の2020年3月3日夜、ウォルト・ディズニー・ワールド代表のジョシュ・ダマロさん、およびこのアトラクションの制作を手掛けたイマジニアのケヴィン・ラファティさんなどが登場するセレモニーが開催されました。インディ・ジョーンズのステージで行われたプレス向けパーティーでは突然グーフィーがDJプレイをするなどのサプライズも。

まとめます。ディズニーはStar Wars: Galaxy’s Edge、特に「Star Wars: Rise of the Resistance」という、現時点でディズニーが持つテクニックをふんだんに使ったアトラクションを完成させました。そしてそれと並行して、ファミリーがみんなで楽しめる上に、あのミッキーマウスを題材にした“一見なんてことはない内容だけど、実はそこには恐ろしいほどの挑戦が詰め込まれている”という、別の角度で技巧的なアトラクションが登場してしまいました。ディズニーランド側にも作ることを決定した理由がよく分かります。皆さんもぜひ、短編「ミッキーマウス!」シリーズをちょこっとでも見てから行くことをおすすめします。こんなハッピーなライドないよ!

写真クレジット

© Disney and its related entities

この記事は「ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル」の取材協力にて公開しています。
物品、サービス、取材渡航費等の提供:あり/金銭の提供:なし

タイトルとURLをコピーしました