ウォルト・ディズニー社FY2020Q1決算発表、Disney+は加入者2860万人を獲得、香港/上海ディズニーリゾートは「2カ月間クローズを想定」

ウォルト・ディズニー社の2020年度第1四半期(2019年10〜12月期)の四半期決算発表を行いました。

LINK: Disney+ Amasses Nearly 29 Million Paid Subscribers Since Launch – The Walt Disney Company

ウォルト・ディズニー社は2020年度第1四半期の決算を発表しました。注目は11月12日にサービスを開始した「Disney+」の会員数。これまで初日に1000万人がアクティベートという報はありましたが、現時点で2860万人が加入したと発表されています。これはネットフリックスの北米の会員(6766万人)の42%に相当する数字。現時点での会員数が発表されたのは初めて。これにあわせ、世界展開の予定として新たにベルギー、ポルトガルにて2020年夏サービス開始を発表しました。

LINK: ディズニー動画配信、会員2650万人に 開始2カ月で: 日本経済新聞

第一四半期のディズニー社売上は208億5800万ドルで前年同期比36%の増。純利益は26億3200万ドルで23%減。パーク、エクスペリエンス&プロダクト部門は8%の増益ながら、海外パーク、特に上海ディズニーリゾートおよび香港ディズニーランドの減収が目立っているだけでなく、コロナウイルスによる閉鎖が次四半期以降に大きく影響するとみられています。

ディズニー社CFO、クリスティーヌ・マッカーシー(Christine McCarthy)は両パークの閉鎖に関して、上海ディズニーリゾートで1億3500万ドル、香港ディズニーランドで4000万ドルの影響が第二四半期にあると想定しており、この額の算出において両パークが「Q2で2カ月間の閉鎖を想定」とコメントしています。

The precise magnitude of the financial impact is highly dependent on the duration of the closures and how quickly we can resume normal operations at Shanghai Disney Resort. We currently estimate the closure of the park could have an adverse impact the second quarter operating income of approximately $135 million, assuming the park is closed for two months, during q2.

LINK: Disney assumes coronavirus outbreak could keep Shanghai and Hong Kong theme parks closed for two months – Orange County Register

From the “D” post

3カ月しかないQ2で2カ月閉鎖を想定、クローズしたのは1月末ですので、コロナウイルスが収束するしないは別として、ディズニーはQ2中は再開しないことを覚悟したということになります。CFOのコメントは4月に再開するめどが立っていることを指してはいないのでご注意を。

タイトルとURLをコピーしました