ディズニー(+フォックス)作品が多数ノミネートを獲得 第92回アカデミー賞ノミネート作品発表

映画におけるお祭り、ノミネート発表。

LINK: The Walt Disney Company’s Films Receive 23 Oscar® Nominations – The Walt Disney Company

2020年2月9日にハリウッドにて授賞式が行われる、第92回アカデミー賞のノミネート作品が発表されました。ディズニーは買収した21世紀フォックス作品を含め、15カテゴリーで23ノミネートを獲得しました。

特に重要(?)な長編アニメーション作品部門としては、ピクサーから「トイ・ストーリー4」がノミネート。アナと雪の女王2「イントゥ・ジ・アンノウン」はオリジナル楽曲賞にノミネートされています(トイ・ストーリー4「I Can’t Let You Throw Yourself Away」もノミネート)。短編アニメ賞には「KitBull」がノミネートされました。

今回はむしろフォックス勢の方が重要部門にノミネートされておりまして、作品賞には日本でも公開が始まった「フォードvsフェラーリ」、タイカ・ワイティティ監督作品の「ジョジョ・ラビット」がともにノミネートされています。

各公式Twitterアカウントの投稿もどうぞ。

From the “D” post

感想は映画に詳しい人に任せよう……。ちなみにアニメ部門においては、前哨戦であるゴールデングローブ賞にて「Missing Link」が受賞しています。日本公開も決定したみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました