DCAのマーベル新エリア「Avengers Campus」オープンは2020年“夏”へ

新エリアのオープン時期を発表。

LINK: Avengers Campus at Disney California Adventure Park to Begin Recruiting Super Heroes in Summer 2020 | Disney Parks Blog

2020年新要素の続報。ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに新たに登場する、マーベル作品をテーマにした新エリア「Avengers Campus」が2020年夏にオープンすると発表がありました。これまでは2020年春とコメントされていたものが、やや後ろ倒しになった形です。

このエリアは旧バグズ・ランド(現Guardians of the Galaxy: Mission BREAKOUT!横)にできるもので、2020年夏の段階ではスパイダーマンをテーマにしたライドアトラクションが登場する予定です。ここでは「WEB」という新組織により、新たなるスーパーヒーローのリクルーティングを行うというストーリーが繰り広げられます。MCUとは異なり、スターク・インダストリーとピム・テクノロジー(Ant-Man)が手を組み、ピム粒子を実験台にしたレストランも登場予定です。

さらに、ブラック・ウィドウやアントマン、ワスプ、ドクター・ストレンジ、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々や、ワカンダ、アスガルドのスーパーヒーローたち、さらにはアイアンマンがこのキャンパスに登場予定です。

第2期(時期未定)においては、アベンジャーズとともにワカンダにて闘うEチケット級アトラクションも登場予定。詳細は改めて発表される予定です。

From the “D” post

D23 Expo 2019などでは2020年春とされていましたが、早くて5月末だろうなあと思っていたところ……。まあアメリカにおける夏は5月末からではあるので、それに間に合わせるように動いてはいるのだろうと思います。

いまのところ漏れ聞こえてくるスパイダーマンライドは、トイ・ストーリー・マニア的な要素が強いので、同じタイプのアトラクションが2つあるというのもちょっと不思議な感じがします。そして本丸はやっぱりアベンジャーズのEチケットライドなわけで、これはStar Wars: Galaxy’s Edge同様、第1期の要素だけで判断できないエリアで、こういうの嬉しいけど最初の印象悪くなったりしないかなー、という感想。だってStar Wars: Galaxy’s EdgeもRise of the Resistanceできてから大反響だけど、それまでの6ヶ月間結構辛辣な印象持たれてるもんね。Eチケットライドは上記のアート見る限りこれまでディズニーテーマパークで体験したことのないライドシステムのはず(USJでは体験したことある)なので、すごく期待しています。

タイトルとURLをコピーしました