「田組fmミートアップ」12月26日19時に秋葉原で開催!

スーツ・アップ! MCUのVRプログラム「Avengers: Damage Control」2019年10月18日ダウンタウン・ディズニーでスタート(update)

The VOID、ILMとディズニーのタッグが再び。

Marvel Studios’ Avengers: Damage Control – Official Teaser Trailer

LINK: Assemble Alongside Earth’s Mightiest Heroes in ‘Avengers: Damage Control’ | News | Marvel

新たなVRプログラムが登場します。マーベル・スタジオとILM、そしてThe VOIDは2019年10月18日より、新プログラム「Avengers: Damage Control」を期間限定にて開催することを発表しました。

今回のプログラムは満を持して、マーベル・シネマティック・ユニバースの世界観を採り入れました。登場するのは、ワカンダの技術とスタークインダストリーの技術を融合した新たなプロトタイプスーツをデザインした、シュリ。ゲストはWakandan Outreach Centersにてそのスーツのテストにリクルートされ、ドクター・ストレンジやアントマン、ワスプらアベンジャーズとともに戦うというもの。

開催はアメリカ各地に設置されたThe VOIDの施設で、身近な場所としては、ディズニーランドのダウンタウン・ディズニー、そしてウォルト・ディズニー・ワールドのディズニー・スプリングスにパビリオンが設置されています。ただし今回のプログラムは、予約一覧(とリリース文言)を見る限り、ディズニー・スプリングスでは開催されないようです。

The VOIDによるディズニーコンテンツのVRプログラムは、これまでスター・ウォーズの「Secrets of the Empire」、ディズニー作品の「Ralph Breaks VR」(シュガー・ラッシュ:オンライン)の2本が公開されていました。今回マーベル作品プログラムが追加されることにより、アナハイムのダウンタウン・ディズニーではRalph Breaks VRが終了するようです(オーランド側は継続する模様)。

The VOIDとの契約は今後も継続予定で、計5本の作品が登場する予定です。

ILMxLAB&The VOID&ディズニーが5本のVR作品を制作、まずは「Ralph Breaks VR」が2018年秋スタート

From the “D” post

2018年12月にウォルト・ディズニー・ワールドでスター・ウォーズのとラルフのVRを体験してきました。感想はというと、初めて体験したときには確かにすごいものを感じましたが、結局似たような内容になってしまうため、2つ目のラルフを体験したときには全く違うテイストながら、すごい既視感を覚えた記憶が。

Star Wars: Secrets of the Empire – The VOID and ILMxLAB – Hyper-Reality Experience
Ralph Breaks VR (2018) Official Trailer – The VOID, ILMxLAB and Walt Disney Animation Studios

今回のはアイアンマンスーツ的なものなので、おそらく手のひらをそのまま使うアクションになるのかなーと思ってます。前回のライフルを物理的にもつスタイルから、ハンドトラッキングもできるようになったのかしら。そうだとするとちょっと面白いですね。

あと不思議なのは、予約ページ見るとオーランドのウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニー・スプリングス側ではやらないように見えるんですよね。やらない理由がないように思うのですが……あ、あったわw

マーベルはディズニーパークには来るの? に対するロジカルな“現実”

追記:

ストーリー予告が出ました。

Marvel Studios' Avengers: Damage Control | Story Trailer
タイトルとURLをコピーしました