「田組fmミートアップ」12月26日19時に秋葉原で開催!

2019年10月1日より東京ディズニーリゾートのチケット価格を変更 消費税率改定で1デー7500円に

あれ、まだ正式発表されてなかったのか、というのが率直な印象。

LINK: 消費税法改正に伴う対応について

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは2019年9月20日、10月1日より消費税率が改定されることに対し、東京ディズニーリゾートのチケット価格を改定することを発表しました。10月1日より変更されます。

チケット価格(リリースより)

LINK: 【公式】パークチケット一覧 | 東京ディズニーリゾート

また、パーク内で購入する物品などに関しても、10月1日からの消費税率に伴う価格改定が行われます。気になる軽減税率に関しては、飲食設備を持たない店舗及び自動販売機の飲食料品に対して適用される予定です。

また、チケット料金以外についても、新税率を適用した料金といたします。なお、飲食料品のお土産、飲食設備を持たない店舗または自動販売機で購入された飲食料品は、軽減税率の対象となります(一部を除く)。

前回の改定は2016年4月1日でした。

東京ディズニーリゾート、2016年4月1日よりパスポート価格改定を実施

ちなみに舞浜リゾートラインに関しては運賃改定の許認可がすでに降りており、同じく10月1日より改定されます。ただし1日フリーきっぷ(大人650円→660円)定期券などのみで、普通旅客運賃(均一制:大人260円)については運賃を改定せず、2019年10月1日以降も現行どおり。

LINK: 鉄道運賃改定の認可について(舞浜リゾートライン)

From the “D” post

余談ですが、他のパークと比較したのを再度書いてみます。今回の改定はあくまで消費税率アップ対応ですのでなんともなんですが、むしろ海外パーク(USパーク)の値上げがすごくて下記表も印象が変わる。Thanks Galaxy’s Edge(もしくはサンクスボブチェイペック)。

パーク 1デーパス現地価格日本円換算年間パスポート価格日本円換算
東京ディズニーリゾート7500円7500円9万1000円(2パーク)9万1000円
ディズニーランド・リゾート104ドル~約1万1210円(107.78円換算)1399ドル(Disney Signature Plus・除外日なし・2パーク)約15万786円
ウォルト・ディズニー・ワールド109ドル~約1万1748円(107.78円換算)1219ドル(Disney Platinum Plus・除外日なし・4+2パーク)約13万1389円 
(参考)ユニバーサル・スタジオ・ジャパン7400円~7400円~3万6800円(ユニバーサルVIP年間パス・除外日なし)3万6800円
2019年1月6日にディズニーランド・リゾートがチケット価格改定 1デーレギュラー129ドルと大幅値上げへ
ウォルト・ディズニー・ワールドの年間パスポート大幅値上げ——Star Wars: Galaxy's Edgeオープンを前に

これを見てもわかるように、USパークに比べてしまうと東京ディズニーリゾートの年間パスポートはむっちゃくちゃ安いんですよね。正確にはUSパークが大規模開発(Star Wars: Galaxy’s Edge)に合わせて強気の価格改定をがっつり行った結果です。その結果、夏のディズニーランド・リゾートの集客が大変苦労したというのが見え隠れしましたけれど、ハロウィーン営業に入ってからは復活しているように見えますね。ちなみにUSパークの年間パスポートはフォトパス機能や駐車場などの付加価値もあるので、一概に比較できるものではありません。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは見た目に変化はないのですが、すでに日付ごとに異なるチケット価格を設定済み。東京ディズニーリゾートも今後は入場日によって価格が異なるようになる予感がひしひしとします(ウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニーランド・リゾートは段階性に移行済み)。

WDW、DLRのチケットも「季節変動価格制」へ 2016年2月28日よりパスポート価格を改定
ウォルト・ディズニー・ワールドの年間パスポートが45ドルの値上げ/日付ベースのチケット価格制へ移行

ということで、おそらく近々本格的な価格改定が来ることも予想できます。4月15日に合わせて動きがあるのでしょうねえ。

その地が目覚める 東京ディズニーランド大規模開発“ニューファンタジーランド”2020年4月15日オープン
タイトルとURLをコピーしました