【新プロジェクト、anchorで地味にスタート】
6月26日、トークイベントやるよ!
参加!

ディズニー・アニメーション・スタジオも実験的短編を制作へ「Short Circuit」Disney+にて2020年春公開(update)

ピクサーに続き。

LINK: Learn About the New Animated Shorts Coming to Disney+ in Spring 2020


アメリカでスタートするディズニーの映像配信サービス「Disney+」にて、2020年春よりディズニー・アニメーション・スタジオによる短編シリーズ「Short Circuit」がスタートすることが発表されました。

このプログラムは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオに在席するアニメーターが自分のアイデアを披露するため、オリジナルの短編作品を制作、発表できるというもの。そのうち優秀な作品は、Disney+にて放映が行われます。

現時点で放映が決定しているのは、下記の3作品です。

Jing Hua (Flower in the Mirror)

一本目はジンホア(京華)。監督はMoanaやRalph Breaks the Internetでテクニカルディレクターを担当したJerry Huynh氏。

Just a Thought

Just a Thoughtは10歳くらいの子たちの想像をテーマにした作品。監督はBolt, Big Hero 6, Wreck-It Ralph, Frozen, Zootopia, Moana, and Ralph Breaks the Internetなどに携わったBrian Menz氏。

Exchange Student

3本目は交換留学生の経験をもとにした作品。監督はRalph Breaks the Internetに携わったNatalie Nourigat氏。

From the “D” post

同様の施策はピクサーも行っていました。Kitbullばかりが注目を集めていましたが、今後も同様に短編制作を通じてアニメーター/監督育成を行い、その成果はDisney+にて発表される予定です。

Introducing Pixar SparkShorts
ピクサーの短編作品プログラム「SparkShorts」3本の作品が登場

Disney+はこれまで発表された数々の作品群の数もさることながら、ピクサーの「SparkShorts」、そして今回のディズニー・アニメーション・スタジオの「Short Circuit」という施策で育成を行うというのはとてもいいことだと思います。ピクサーもこれまで、新作にあわせて短編を公開しているのはそのため。しかしこれも一年に1作品しか公開できないわけで、Disney+のような「映画公開に寄らない発表の場」が用意されるのはディズニーにとってもプラスになると思います。楽しみ。

ディズニーのすべてが1つのサービスに 動画配信サービス「Disney+」アメリカで2019年11月12日スタート
イマジニアや大自然ドキュメンタリー、モンスターズ・インクシリーズ後日談も——Disney+オリジナル番組多数発表
ロキ、ローグワン、ハイスクール・ミュージカル新作などを配信 ディズニー社が直接手掛けるストリーミングサービス「Disney+」2019年末アメリカにてスタート
タイトルとURLをコピーしました