【PR】特別衣装のディズニーキャラクター4人とグリーティング付ツアー

ディズニーランド・リゾート、新たな年間パスポート「Disney Flex Passport」599ドルで登場

もう1つの選択肢になりえそう。

LINK: Disneyland Resort Introduces New Annual Passport that Combines Value and Flexibility | Disney Parks Blog

カリフォルニア ディズニーランド・リゾートの新たな年間パスポートが登場します。「Disney Flex Passport」は最も安いグレードの年間パスポートで、もはや当たり前となったスマートフォン連携も視野に入れた、場合によっては日本人でも使いやすい年間パスポートです。

このDisney Flex Passportのポイントは、基本的には平日のみ、加えてブロックアウトデーが設定されてながら、週末も事前予約をした上で、決められた日数に限り利用ができるというもの。基本的にはクリスマスホリデーシーズンがブロックアウト設定とされています。

ただし、金、土、日などはブロックアウトではなく「予約必須」という設定になっており、この日に入園したいという場合は30日前から予約を行うことで、「30日間に2パーク分」の予約が可能です。また、保持中の1日目の予約日が過ぎたあと、もしくはキャンセルが行われた場合、次の予約をセットすることが可能です。

予約はディズニーランドの公式ウェブサイト、および「Disneyland」アプリから行えます。Disney Flex Passportの予約枠は上限があり、予約必須の日程でも上限に達した場合、新たな予約はできません。

予約した入園日は前日までならキャンセルが可能(無料)。ただし、予約したのに入園しなかった(いわゆるノーショウ)場合は予約権が消滅するだけでなく、ノーショウを90日間で3回以上行うとペナルティとしてその後30日間は予約が不可能になります。

また、このDisney Flex Passportにも特典があります。

  • ダイニング:10%オフ(Disney Deluxe Passportと同様)
  • 物販:10%オフ(Disney Deluxe Passportと同様)
  • イベント:年間パスポート保持者向けイベント参加可能/チケットディスカウントあり
  • ガイドツアー:15%オフ
  • 駐車場料金;含まれず(Disney Deluxe Passportと同様)
Disneyland Resort Introduces New Annual Passport

価格は両パークに入れて599ドル(Disney Deluxe Passportは799ドル)。2019年5月23日より販売を開始します。

LINK: Disney Flex Passport | Disneyland Resort

From the “D” post

基本的には現地のマニア向け。ただし日本から旅行でも、年に2回ほど行く、ディズニーランド・リゾート以外でも観光を予定しているという場合であれば、月〜木まではこのパスポートで入園、金、土、日のいずれか2日を事前予約することでお安くなる場合もあるかもしれません(ただし予約はパーク単位なので、この日はパークホッピング不可能)。週末もう1日分は、金曜日が終了した時点で日曜の予約があいていればそのタイミングで予約を追加するか、ディズニー以外のことをするという流れですね。むしろ物販10%オフの特典が欲しい、という人向けですかね。問題はその予約枠がどの程度あるかどうか。すぐになくなってしまうようなら使い勝手が悪いですもんね。

どちらかというとパーク側の方のメリットが大きくて、パークは折しもStar Wars: Galaxy’s Edgeでキャパシティの問題がある状態で、なんとか人をコントロールしたいと思っているところ。どうやら“ソフトオープン”レベルで運営するStar Wars: Galaxy’s Edge、予約した人もリストバンドの色を見て4時間で追い出されるみたいです。

その点、この仕組みがあれば、いつ来るか分からない年間パスポートの利用者を事前に把握することができ、パーク内に滞留する人数の調整ができるという点で、非常に優れた仕組みだと思っています。しかも安いため利用者側にメリットを提供できるという。なるほどこういう手が……オリエンタルランドもこれやりましょうよ。株主総会で誰かここに突っ込んでよ。

タイトルとURLをコピーしました