【新プロジェクト、anchorで地味にスタート】

ディズニーランド「Star Wars: Galaxy’s Edge」2019年5月2日から入場予約受付開始、さらなる新情報も公開(Update)

先に行われた「Star Wars Celebration Chicago」で発表された情報もまとめて。

© 2019 & TM Lucasfilm Ltd.

去る4月11〜15日、シカゴにおいて「スター・ウォーズ・セレブレーション・シカゴ2019」が開催されました。そのタイミングでエピソード9(2019年12月20日公開)が「The Rise of Skywalker」であることが発表されただけでなく、ディズニーランド/ディズニー・ハリウッドスタジオでオープン予定の「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の新情報が公開されました。この記事では、スター・ウォーズ・セレブレーション・シカゴ2019で発表された新要素に加え、オープン直後に新エリアに入るための予約関連情報をまとめておきます。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」最新映像が公開される

LINK: Saturday Update: Disney Parks Take Us Inside Star Wars: Galaxy’s Edge at Star Wars Celebration 2019 – D23

まずはディズニーランドにて2019年5月31日オープンの新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」関連情報から。スター・ウォーズ・セレブレーションで開催されたセッション「Bringing Star Wars: Galaxy’s Edge to life in Disney Parks」では、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングのChris Beatty、 Asa Kalama、 Margaret Kerrison、 Scott Trowbridge、そしてルーカスフィルムのDoug Chiang 、 Matt Martinが登壇し、オラフの声で有名なジョシュ・ギャッドがモデレーターとして登場しました。

Star Wars Celebration Chicago 2019 Live Stream – Day 2 | The Star Wars Show LIVE!

ここで紹介された新要素は……。

コカ・コーラと提携、バトゥーオリジナルボトルでコーラが飲める

大きな発表はこちら。丸いボトルのコカ・コーラが登場します。

Specially Designed Coca-Cola Products Coming Exclusively to Star Wars: Galaxy’s Edge

LINK: Specially Designed Coca-Cola Products Coming Exclusively to Star Wars: Galaxy’s Edge | Disney Parks Blog

特別デザインのボトルはスター・ウォーズ世界における銀河系の文字、オーラベッシュが書かれたもの。コカ・コーラ、ダイエットコーク、スプライト、DASANIウォーターが販売されます。

さまざまなオーディオアニマトロニクスが登場

実はコカ・コーラ以外の目立つ情報はなかったものの、ピリリとした新情報がいくつか。

まずはオーディオアニマトロニクス。公式な情報としては初めて「ホンドー・オナカー」の映像が公開されました。ホンドー・オナカーはギャング団の首領で、オーディオアニマトロニクスの最新モデル、A-1000による動きが動画で公開されています(下記は以前に公開済みの動画)。声はプーやティガーをはじめ、さまざまなディズニー作品に携わるジム・カミングスです。

A1000 Advanced Robotics | Walt Disney Imagineering

また、ショップ「Dok-Ondar’s Den of Antiquities」にいる、コレクターのDok-Ondarのオーディオアニマトロニクスや、レストラン「Oga’s Cantina」にてDJドロイドとして従事する「DJ-R3X」についても情報が公開されています。DJ-R3Xとはかつてスター・ツアーズのパイロットとして登場していたキャプテン・レックス(RX-24)タイプのドロイドで、その昔バトゥーに墜落したRX-24を拾い、改造してDJドロイドになった、というストーリーも明らかになっています。セッションではDJ-R3Xが選曲した「All Droid Band」の楽曲も披露されています。DJ-R3Xの声はキャプテン・レックスのオリジナルキャスト、ポール・ルーベンスが担当することも発表されました。

さらにストーリーに踏み込んだ新たなアートも公開。2019年末にオープン予定のもう1つのアトラクション、「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」のエントランスは、バトゥーの街ブラック・スパイアの外れにある森の奥で、辺境の惑星のさらに辺境の地に隠れるように、レジスタンスの秘密基地があるという設定が発表されています。

そして気になるのは、フランク・オズがヨーダの声を担当するとの発表。しかし本エリアの時間軸的にはヨーダがどうやって登場するのか不明で、この点に関してはイマジニアたちは言葉を濁していたのがとても印象的でした。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジのオリジナルグッズも発表

New Merchandise Coming to Star Wars: Galaxy’s Edge at Disneyland Resort & Disney’s Hollywood Studios

LINK: UPDATE: New Merchandise Coming to Star Wars: Galaxy’s Edge at Disneyland Resort and Disney’s Hollywood Studios | Disney Parks Blog

スター・ウォーズ・セレブレーションでは、新たに発売されるグッズ群も大量に発表されました。動画が公開されています。

アプリが連携、“FanFessional”な仕掛けも

そして一番気になるのにあんまり情報が出てこなかったお話。まずは先に発表があった、スマートフォンアプリ「Play Disney Parks」との連携について。エリア内でアプリを起動すると、さまざまな「ハック」が行えることが明らかになりました。その情報は集約され、なにかの役に立つ、というふんわりとした情報が公開されています。

もう1つは「ホロクロン」。スター・ウォーズ世界ではシスおよびジェダイの外部記憶装置として登場するグッズで、イマジニアのスコット・トローブリッジ氏(D23 Expo Japanで「初音ミクちゃんに会いたいと言ってます」といったあの方)もホントにサラリとしか触れていませんでした。公式ブログによると、スター・ウォーズ・セレブレーション会場にて「Share Your Star Wars Story」というブースがあり、そこでファンたちが語った、今回の情報を受けての感激をビデオメッセージで残すという試みが行われました。

Fan Stories – Star Wars: Galaxy’s Edge at Walt Disney World Resort

LINK: Fan Stories To Be Part of Star Wars: Galaxy’s Edge at Walt Disney World Resort | Disney Parks Blog

このメッセージは特別な「ホロクロン」に納められ、ウォルト・ディズニー・ワールド側のスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジの敷地内にタイムカプセルとして埋め込まれることが改めて発表されました。これはとてもうれしい仕組みですね。ちょっと気になるのはこのホロクロン、イマジニアのスコット・トローブリッジ氏が紹介していたのは三角すいの形で、ジェダイじゃなくてシスのものっぽく見えたのですが……なんかあるのかなあ。ちなみにホロクロンはお土産としても販売されているようです。

There are many rare and unique items to be discovered at Dok-Ondar’s Den of Antiquities inside Star Wars: GalaxyÕs Edge. Holocrons, pictured here, are ancient repositories of wisdom. Jedi and Sith used them to record their teachings for future generations seeking to understand the mysteries of the Force. Kyber crystals can unlock additional content in both the Jedi and Sith Holocrons. Star Wars: GalaxyÕs Edge opens May 31, 2019, at Disneyland Resort in California and Aug. 29, 2019, at Walt Disney World Resort in Florida. (David Roark/Disney Parks)

会場ではHer Universe代表にして、スター・ウォーズ世界ではアソーカ・タノの声として有名なアシュリー・エクスタインが、アソーカ・タノモデルのライトセーバーの販売にあわせた記念写真を撮影したり、アソーカ・タノ仮装のファンと写真をアップしていたのが印象的でした。

このほか、アメリカにおいて「Force for Change」に関する発表も行われています。

LINK: Everything We Learned From the ‘Bringing Star Wars: Galaxy’s Edge to life in Disney Parks’ Panel at Star Wars Celebration in Chicago | Disney Parks Blog

入場予約は2019年5月2日スタート

LINK: Reservations to Visit Star Wars: Galaxy’s Edge at Disneyland Park Available May 2 or Book a Stay at a Disneyland Resort Hotel Now | Disney Parks Blog

そして最も重要な情報。ディズニーランド側スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジは2019年5月31日にオープンするものの、5月31日〜6月23日までは完全に予約制で、入場列は用意されません。そのため、この期間にスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジのエリアに入場するためには事前予約が必要です。

予約は2019年5月2日8時(日本時間5月3日0時)より、Disney Parks Blog/Disneyland.comにて登録ページがオープン、その後10時(日本時間5月3日2時)に予約が開始されます。別途ディズニーアカウントが必要であるため、予約前にアカウントを作成しておきましょう。

なお、ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル、ディズニーランド・ホテル、ディズニー・パラダイスピア・ホテルのディズニー直営リゾートホテルに期間中宿泊するゲストは、入場が確約されるという特典がついています。そのため、どうしてもオープン直後にエリアに入りたいという方はオフィシャルホテルの宿泊を検討してみてはいかがでしょうか(ただしすでにオープン日は早々に満室になっていますが)。

Know Before You Go: No-Cost Reservations for Star Wars: Galaxy’s Edge at Disneyland Resort

LINK: Know Before You Go: No-Cost Reservations for Star Wars: Galaxy’s Edge at Disneyland Resort | Disney Parks Blog

追記:2019年5月3日

日本時間の2019年5月3日午前2時に予約受付がスタート。その後3時45分くらいには、6月23日までのすべての予約権が配布完了とアナウンスがありました。ほぼ瞬殺に近い。

Disney+で放映の新シリーズ「ザ・マンダロリアン」新情報

© 2019 & TM Lucasfilm Ltd.

2019年11月12日にアメリカでサービス開始となる「Disney+」で放映される、スター・ウォーズ世界のオリジナル作品「ザ・マンダロリアン」の新情報も公開されています。この世界の“賞金稼ぎ”を描くシリーズです。これに関しては公式サイトの情報が本当に頑張っているので、こちらもあわせてどうぞ。

LINK: スター・ウォーズ・セレブレーション・シカゴ2019:『ザ・マンダロリアン(原題)』のパネルで判明した9つの新情報|スター・ウォーズ公式

こちらもあわせてどうぞ。

LINK: スター・ウォーズ・セレブレーション・シカゴ2019:「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のパネルで判明した5つの新情報|スター・ウォーズ公式

LINK: スター・ウォーズ・セレブレーション・シカゴ2019:『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』特報の7つの見所|スター・ウォーズ公式

タイトルとURLをコピーしました