【新プロジェクト、anchorで地味にスタート】
6月26日、トークイベントやるよ!
参加!

ディズニーのすべてが1つのサービスに 動画配信サービス「Disney+」アメリカで2019年11月12日スタート

2019年における、ディズニー最大の挑戦が始まります。

LINK: Disney Spotlights Comprehensive Direct-to-Consumer Strategy at 2019 Investor Day – The Walt Disney Company

ウォルト・ディズニーは、2019年末にスタートするとしていた公式の動画配信サービス「Disney+」を2019年11月12日に、月額6.99ドル/年額69.99ドルでスタートすると正式に発表しました。ディズニーの歴史においてもテレビ進出やパーク展開に次ぐレベルの大きな変革といえるもので、このサービスにおいてディズニーの傘の下にある、実写のウォルト・ディズニー・スタジオ、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ、ピクサー・アニメーション・スタジオ、マペッツ、マーベルスタジオ、ルーカスフィルム(スター・ウォーズ)、そして先日買収が完了した21世紀フォックス/ナショナル・ジオグラフィックのコンテンツなどがワンストップで閲覧できる、強力なサービスといえるでしょう。

金額的にもかなり攻めたもの。ライバルであるNetflixは12.99ドル(高解像度プラン)、Amazon Prime Videoは年間119ドル(日本では4900円)となっているところを、かなり価格を抑えて出してきたというのが特徴。初年度は100以上の新作、400以上の過去作品をそろえ、独自コンテンツも既報の通りかなりたくさん発表しています。

イマジニアや大自然ドキュメンタリー、モンスターズ・インクシリーズ後日談も——Disney+オリジナル番組多数発表

LINK: ディズニー動画配信 月6.99ドルで11月から (写真=AP) :日本経済新聞

LINK: ディズニーの定額動画サービス「Disney+」は月額6.99ドルで11月に米国で開始 – ITmedia NEWS

なお、発表当日の様子は下記のスレッドにて実況されています。

注目すべきはこの発言。Disney+は2年のうちに世界展開を行うことが正式にコメントされました。

コンテンツはさらに広がる

これまで内部情報でしかなかった話が、続々と正式発表されました。まずはこれ。爆笑。

そして、マーベル関連のオリジナルシリーズも発表されました。まずはヴィジョンとワンダ・マキシモフを主役にした「WandaVison」。ポール・ベタニーとエリザベス・オルセンのオリジナルキャストが登場します。

LINK: Elizabeth Olsen and Paul Bettany Star as Wanda Maximoff and The Vision in New Disney+ Series, WandaVision | News | Marvel

さらに、アンソニー・マッキーとセバスチャン・スタンがチームを組む「The Falcon and The Winter Soldier」も正式に発表されました。バッキー&翼。

LINK: Anthony Mackie and Sebastian Stan Team Up in The Falcon and The Winter Soldier, a Marvel series on Disney+ | News | Marvel

そして以前コメントのあった、トム・ヒドルストン主演の作品についても言及がありました。

LINK: Loki, A New Series Starring Tom Hiddleston, Coming to Disney+ | News | Marvel

マーベルはこの他にも、「Marvel’s What If…?」をスタートさせる予定です。さらに劇場公開された「キャプテン・マーベル」を配信予定です。

LINK: Marvel Studios Brings First Animated Series ‘Marvel’s What If…?’ to Disney+ | News | Marvel

LINK: Captain Marvel Will Be Taking Flight on Day One of Disney+ | News | Marvel

スター・ウォーズからは、キャシアン・アンドーの新シリーズに、アラン・テュディック演じるK-2SOが登場することも改めて発表されました。

LINK: Alan Tudyk to Return as K-2SO in Cassian Andor Live-Action Series | StarWars.com

この他、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオからはFrozen 2制作のドキュメンタリー「Into the Unknown: Making Frozen 2」を配信。ピクサーからはトイ・ストーリー4に登場するフォーキーを主人公とした短編シリーズ「Forky Asks a Question」およびボー・ピープの短編シリーズ「Lamp Life」を配信予定です。

そしてサプライズ。ディズニー・チャンネルからはオリジナルボイスキャストでの新作「The Phineas and Ferb Movie」(仮題)を制作中です。実写作品としては、「Lady and the Tramp」も予定されています。

対応デバイスは?

そして対応デバイス。国内展開中のDisney DELUXEは基本的にAndroid、iOS(tvOS)、そしてkindle fireなどが対象でしたが、Disney+ではそれらに加え、Nintendo SwitchやPlayStation4、Xbox、Roku TVなどのコンソールでも見られる予定。ダウンロードでの閲覧にも対応します。

From the “D” post

微妙にDisney DELUXEのUIと異なってるのが気になるなー。値段的には完全に同じ価格帯に併せていることを考えると、やっぱり日本ではDELUXEと+は無関係ではなさそうな気がしてなりません。とにかく日本での展開を切に願います。

タイトルとURLをコピーしました