Happiest Celebration! Grand Finale/ピクサー・プレイタイム2019年版レポートをねとらぼに寄稿しました

本当に寒い1日でした。

東京ディズニーリゾートにて2019年1月11日よりスタートの「Happiest Celebration! Grand Finale」および「ピクサー・プレイタイム」のレポートを、いつものようにねとらぼにて公開していただきました。まずはこちらを!

LINK: 東京ディズニーリゾート2019年冬は今年も熱かった! 35周年がもうグランドフィナーレ 新演出にピクサー新キャラも – ねとらぼ

前回のクリスマスレポートから、ねとらぼの新媒体「ねとらぼGileSide」の編集部からも記者が参加するようになったため、今回も“速報”という立ち位置の、インデックス的記事になっています。そのため、ホテルメニューやグッズなどはごく軽めの紹介になっています。詳細はのちほど、GileSideで記事が上がってくると思いますのでそちらも(私とは完全に独立した動きの記事ですので、私が取り上げられないようなトピックもきっちり押さえられています)。

LINK: ねとらぼGirlSide – ねとらぼ

やっぱりセレブレーションストリートこそが35周年の目玉でした

さて雑感。まずは東京ディズニーランド側「Happiest Celebration!」グランドフィナーレを。今回のポイントはパレード「ドリーミング・アップ」が停止するという特別バージョンに変化した、というものなのですが、もはや停止する=盛り上がるというわけでもなさそうだなー、というのが率直な印象。パレードが長いこともあり、全フロートが停止するまでの時間が長く、ややダレるのがもったいないです。また、音楽も基本的には知ってる曲なので、特別感がなかったのが残念でした。あとフラッグ。品切れ起こしたらさらに盛り上がらないよね……。

ただし、セレブレーションストリートの特別バージョンは素晴らしかったです。35周年のこれまでと、さらに未来を見せるような演出は(マニア目線でも)染みいりました。特にリボン演出が絡むと、度々パークには来ないであろう一般の人たちからも歓声が上がるのがとてもよいです。こういうのが心に残るんでしょうね。本当にいい施策でした。

オチェーアノのブッフェランチ

東京ディズニーシー側。ピクサー・プレイタイムも2018年同様の構成でした。メインショーの「ピクサー・プレイタイム・パルズ」はインクレディブル・ファミリーの要素も追加されていて、若干ながら印象が変化しました。が、こちらも基本的には中央エリア内に入れなければほぼ楽しめないという、キャパシティの問題は残っていました。その分、マックィーンのパレードなどで楽しめたり、朝イチからニューヨークエリアでキャラクターがたくさん登場して、みんなが楽しめているところが印象的でした。もうスペシャルイベント=ショー、というわけでもなさそう。

そしてもっとも印象的だったのは、ディズニーホテルのブッフェ。最近の東京ディズニーリゾートはスペシャルイベント=季節イベントだったので、なかなか独創性が出せない(季節の食材を使いました、くらい?)ところを、ピクサーの幅広いテーマ/キャラクターを、シェフやパティシエがかなり自由に作り出した、という印象があります。食べるだけでなく見るという点でも楽しめるので、今回のピクサー・プレイタイムはダイニングをお勧めしたいです(速報記事ではほとんど触れてないけど)。

ダッフィーのハートウォーミング・デイズはデコレーションが素晴らしかったです。

ということで、ねとらぼの速報もぜひどうぞ。しかし一般の人に向けて「パレードが止まります!」「新キャラのエドナ・モードが登場します!」というのはまったく興味をひかれなさそうだなー、と……。

追記

Girlsideの記事が出始めました!

タイトルとURLをコピーしました