ロキ、ローグワン、ハイスクール・ミュージカル新作などを配信 ディズニー社が直接手掛けるストリーミングサービス「Disney+」2019年末アメリカにてスタート

とうとう正式に発表。待望のシリーズも。

LINK: New Star Wars and Marvel Series Announced for Disney+ Streaming Service – The Walt Disney Company

ウォルト・ディズニー社は2018年11月8日、2018年第4四半期決算説明のウェブキャストにて、同社が準備していたストリーミング配信サービスの名称を「Disney+」と正式に発表しました。アメリカにおけるスタートは2019年末を予定しています。

このサービスは同社が新たに設置したWalt Disney Direct-to-Consumer and International部門のメインとなりえる事業で、これまではNetflixなどと協業しコンテンツを提供していたものを、直接ディズニー本体が手掛けるというもの。このサービスのスタートに当たって、ディズニーは配信ベンチャーのBAMTechを買収したり、Hulu株を持つ21世紀フォックスの買収を手掛けるなどの手を打ってきていました。

今回サービス名称とあわせて発表されたのは、そのコンテンツの一部。ルーカスフィルムからは、大ヒットした映画「ローグ・ワン」の前日譚ともいえる、キャシアン・アンドーの活躍を描くシリーズの制作が発表されました。アンドー役は映画と同じくディエゴ・ルーナが起用されます。

さらにマーベルからは、マーベル・シネマティック・ユニバースで大人気のヴィラン、ロキを主人公にしたシリーズの制作も発表されています。こちらももちろん、ロキ役としてトム・ヒドルストンが登場することが明らかになりました。

既発表のコンテンツとしては、ハイスクール・ミュージカルシリーズ最新作として「High School Musical:the Musical」が、そしてスター・ウォーズシリーズとなる、ジョン・ファブロー氏プロデュースの「The Mandalorian」が予定されています。

ティーザーサイトには日本語ページも

そしてちょっと驚きなのは、このサービスの“日本語”ページが既に用意されているということです。日本語環境からURL「https://preview.disneyplus.com/」をたたくと、jpページにリダイレクトされ、メールアドレスの登録が可能になっています。

LINK: Disney+ のご紹介

正直このサービスはアメリカ以外は蚊帳の外、しかも既にユーロ圏では別のサービスもスタートしているので日本は完全無視かと思いきや、ちょっと面白い展開になりそうです。特に音楽配信系は定額配信から次々と撤退していること、さらにはNetflixにおけるマーベルシリーズがアイアン・フィスト、ルーク・ケイジなど次々打ち切りになっていることを考えると、ディズニーによる本気度の中にもしかしたら日本も入っているかも……と淡い期待をしています。特にロキとか人気あるしなー。

ウォルト・ディズニー、21世紀フォックスを524億ドルで買収へ、ボブ・アイガーCEOは2021年まで続投へ(update)
米ディズニー、イギリスにてサブスクリプション型ネット配信サービス「DisneyLife」を2015年11月にスタート(update)